A.P.マイナスの日には…5

(『A.P.マイナスの日には…4』のつづき)

192021.jpg
茂森橋をくぐった後は、舵を左に転じて丁字流を西に折れ、仙台堀川に入ることにしました。これといった理由はなく、ただせっかくのA.P.マイナスの潮位が嬉しくて、もうちょっと西側河川を堪能してゆこうという気になったに過ぎません。

東側から見上げる崎川橋(A.P.+3.0m)は、三弦タイプの水管橋にさえぎられ、橋を鑑賞するには具合のよくない状態ですが、角度によってはこれはこれで面白いかも、と思わせるものがありました。構造が交錯しても重苦しくないのは、爽やかに晴れ渡った天候のおかげもあるでしょう。

192022.jpg

192023.jpg東から数えて2つ目の、木場公園大橋。主塔の高さが約60mあるのは、各所で触れられていますが、A.P.桁下高はいくらなんでしょう?

一羽でぽつりと泳いでいた、鴨さんにも出会いました。春を過ぎるとすっかり水鳥の数が減り、都内の水路もちょっと寂しくなりますが、夏が近づくとマガモ、カルガモがそろそろ子育ての季節にさしかかり、可愛らしいヒヨコ艦隊が見られる楽しみがあります。

192024.jpg末広橋(A.P.+3.0m)、地味な鋼桁橋は普段見落としがちなので、せめて今日くらいはちゃんと写しておかないと‥‥。

平久川との丁字流を過ぎて、四角い側面形のトラス、亀久橋(A.P.3.3m)をくぐり、さらに東へ。ここまで来ると、ちょっと欲が出てきました。そう、アレの様子だけでものぞいてゆこうと‥‥。そう決めたら気持ちがはやり、スロットルを開けて、ちょっとだけ増速。

192025.jpg

撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(『A.P.マイナスの日には…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 仙台堀川 江東内部河川 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する