A.P.マイナスの日には…2

(『A.P.マイナスの日には…1』のつづき)

192006.jpg大横川に進入した直後の感。何分最徐航区間だけに、よそでは危うく見えるであろう1.3mも、余裕を持って歩かせるに足る水深といえます。通い慣れていて、底状はあまり凹凸なく、安定しているのが知れていることもありますが、河道ほぼ中央の澪筋から外れれば、杭やコンクリ塊などの沈置物は結構ありますから、注意するに越したことはありません。

というわけで、通るたびに同じような写真で恐縮ながら、以下おなじみの諸々を垂れ流しに及びます。平木橋桁側面の河道断面図(下写真)、年々腐蝕して失われていくさまを、訪ねるごとまるで義務のように観察しているので、今回もくぐりざま一枚。



192007.jpg

192008.jpg私設橋だった旧橋をモディファイしたかたちの、魅力的な人道橋・新田橋も水位相応の表情。塗り替えてまだ間もない、真紅の塗装がきれいですね。

昨年「5月3日の西側河川…2」で、平木橋とともに触れましたが、声が天いやお役所に届いたのか、色褪せていた表面も見違えるような鮮やかさ、文字通り大横川狭窄部の「紅一点」の輝きを、取り戻した感があります。よかったねえ‥‥。

192009.jpg
きれいになったことだしと、新田橋の裏側を見上げて。側面に劣らず鮮やかな仕上がり。

荷重の少ない人道橋、しかも管路のたぐいを一切併設していないとあって、裏側のディテールも単純明快。橋台も護岸の一部を切り欠いたような、簡素なものです。

192010.jpg
これもおなじみ、弁天橋向かいを定繋地としている、曳船か通船か類別不明の魅力的な一隻。そうそう、今まで船名に触れるのを忘れていました、「宍倉建設2号」さんです!

年々くたびれてきてはいるものの、もやいはノリや貝がついていないし、来るたびに甲板上の備品が動いているので、現役で活躍中と推察しています。内部河川の通航に特化した、と見立てたくなるような、全高を徹底的に抑えたそのスタイル、しかも鋼船とくれば、今や希少な存在であることは明らか。末永く元気でいてほしいですね。

(28年5月8日撮影)

(『A.P.マイナスの日には…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大横川 江東内部河川 曳船 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する