5月1日の江戸川…9

(『5月1日の江戸川…8』のつづき)

191051.jpg流れ下ってきたひとかたまりの枝葉に惹かれてパチリ。豪雨の後や増水時によくみられる、枯草や枯れ枝のそれではなく、茎も葉も青々としているのが、何やら新鮮で目を奪われました。

穏やかな川面は水質のコンディションもよろしく、ハルに触れるさざ波の感触も下流から変わらず、眠気を誘いそうな柔らかな感じ。舵を預けていたら、本当に眠ってしまいそうな穏やかさです。

191052.jpg
河道がぐっと東に振れたところで、県道295号線上葛飾橋が見えてきました。

この橋、今までと違うのが、バックに高い建物が少なくなるせいか、どこか寂寞とした雰囲気をまとっていること。ここから上流は、次第に可航環境が厳しくなる区間だけに、下流部と中流部を分かつというか、異なる世界への門のようにも感じられ、ディテールの乏しさもあいまって、印象深い橋なのです。

191053.jpg
久しぶりに訪ねたことだし、ぐっと仰いで橋の裏側も。すっかり褪せてしまった塗色に、平成5年、初めて訪ねたときのうだるような暑さを思い出しました。
撮影地点のMapion地図

191054.jpg
ここから先は、浅瀬や砂洲も少なくなく、今までのようにのほほんとはしていられない区間。遠く望む三郷排水機場のあたりには、PWCが集結して盛んに爆音を立てていました。

前回触れたように、三郷船着場あたりまで遡上すれば、中之島付近が浚渫されたかどうかも確かめられたのですが、どういうわけだかピンとくるものがあり、これも久しぶりに「あっ、呼ばれていないな」との天啓(単なる妄想)が‥‥。
というわけで、14:37をもって転回、下航することにしました。

191055.jpg帰路はひとつ、面白い出会いがありました。柳原水門の付近まで下ってきたら、後ろからビィィィンとかん高い音とともに、マルチコプタータイプのドローンが、我が艇の上空を高速航過! 

きっとカメラもついていて、操縦者は我々のことを見ているに違いないと、嬉しくなって手を振ったものです。一旦遠ざかったものの、旋回してきて今度は船首から、頭上スレスレまで高度を下げ、挨拶するように飛び去ってゆきました。

(28年5月1日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 江戸川 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する