5月1日の江戸川…3

(『5月1日の江戸川…2』のつづき)

191021.jpg前回は少し引き気味だっただけに、国府台に寄り添って堪能したく、もう少し、もう少しと右へ舵を切っていたら、3m台だった水深がだんだんと上がり始め、たちまち2m台になってしまいました。

180度近い大屈曲だと、それこそ澪筋はアウトコースぎりぎりにあるものですが、国府台の区間はRが緩やかなこと、前後にも屈曲を控えたいわば蛇行区間であることから、澪筋も極端な形を取っていないのでしょう。

河底の感が細かく波打ちながら上がっているのも、流れの複雑な作用を感じさせて、興味を惹かれるものがあります。



191022.jpg

191023.jpgこのあたりは、水際の法面から繁った木々が道をすっかり覆い、しかも枝を水に浸しているところもあって、いかにも台地がすとんと、川面に落ち込んだように見える部分です。

枝先を河水で洗う森のもくもくぶりを愛でていると、ゆく手には早くも国府台の終端が見えてきました。いや、こちらが上流側ですから、逆に始まりといった方が適当かもしれませんね。

191024.jpg

191025.jpg国府台城直下、階段を切った法面が見えてきました。水際に降りられる数少ない場所とあって、クルマが何台か停まり、釣りや水遊びに興じる人影もちらほら。国府台随一の人気スポットといってよいでしょう。

そして、国府台の終端(いや、始まり?)近影。北東へ去りゆく稜線を目で追って、久しぶりの訪問を楽しめた充実感とともに、ちょっと寂しい気持ちも‥‥。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『5月1日の江戸川…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 江戸川 国府台

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する