5月1日の江戸川…1

(『新砂水門の工事拝見…2』のつづき)

191011.jpg
旧江戸川の道々のことはひとまず置いて、江戸川閘門のゲートが開くところから。閘室から、広大な高水敷と川面をのぞいたときの解放感、初めて訪ねたときと変わらない、この感じは何とも嬉しくなります。

191012.jpg何しろ、「江戸川閘門のディテール…4」や「国府台に魅せられて」でも触れたように、国府台を洗う川景色と、江戸川本流の駘蕩たる雰囲気を味わいたくて、久しぶりに訪ねてきたのですから。

京葉道路・江戸川大橋の朱色の桁をくぐるだけで、心躍るものが。ここ数年、閘門を通ってきても、この線から上流に出ることはめったにありませんでしたから、大げさでなく感慨がありました。

191013.jpg

191014.jpgいや~、いいですねえ! 広大な流路を誇っているにもかかわらず、どこか優しさのある川面の感触。右手にはブイが点々と設けられ、教習艇の練習水面になっているので、徐航しつつまろやかな水面を堪能。

最初の屈曲を回り込み、右手に大型船着場・市川リバーステーションを望むところまで来ると、何やら人だかりが。消防署のクルマが2台いるところを見ると、防災訓練でもあるのかしら。

191015.jpg
轟々と響く列車通過の音が頭上に近づけば、総武線江戸川橋梁をはじめとするトラス橋連続区間。靄にかすむ静穏な好天、汽水域とは違った真水の匂いが鼻をくすぐり、機嫌の悪かろうはずなし。江戸川らしい風景を存分に楽しめそうです。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『5月1日の江戸川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 江戸川 江戸川閘門 閘門 市川船着場

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する