新砂水門の工事拝見…1

191001.jpg

191002.jpg黄金週間初日の5月1日、好天を得て久しぶりに江戸川本流を訪ねてみたのですが、東に向かうとなればやはり気になるのが、大工事の始まった新砂水門(『新しい新砂水門が建設される?』参照)。

逆光に黒く沈む水門に近づいてゆくと、なるほど、いくつか変化が見られます。右手には船首に赤旗を掲げ、乗り組みさんが白旗を振る警戒船が。交互通航とのことでしたから、指示に従って徐航しつつ進入。

191003.jpg
径間右手、可動橋直下のハンドレールには、「この先片側交互航行」の横断幕が掲げられ、その上には電光掲示板も併設されています。掲示板は緑の〇を点滅させており、どうやら「進入可」を示しているようですね。

191004.jpgまとめると、警戒船の乗り組みさんが白旗を振り、掲示板に緑の〇が点滅していれば、通ってよろしいということ。見通しはよいところなので、接近する前に対向船がいないか、よく確認すればなおよろしいでしょう。

水門を出たところで、お知らせの図面どおり、右手に工事現場が見えてきました。河道の半分とはいかないものの、結構な幅を塞いで、建機を載せた台船が何隻か碇泊しています。

191005.jpg
最初の一隻を真横から。ええと、杭打船ですよね? 錨を使わず、スキッドのみで固定されているのか、周囲の黄色いブイはあまり距離を取っていませんでした。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『新砂水門の工事拝見…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新砂水門 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する