旧江戸川


より大きな地図で 旧江戸川 を表示

旧江戸川
所在地:東京都江戸川区篠崎町3~江戸川区南葛西6
延長:10.0km
最小水深:A.P.-1.0m
最小桁下高:A.P.+5.0m
メモ:かつての江戸川本流で、大正8年に竣工した江戸川放水路が新たに本流とされたため、最下流部の本区間は旧江戸川を名乗ることになった。
河口付近は、西側の大半に浅瀬が広がっており、航路は京葉線江戸川橋梁の東側2径間程度(澪標あり)なので注意が必要だが、他の区間には目立った砂洲はなく、可航水路としての環境は良好である。
妙見島から上流は、船溜やマリーナが散在しているので、徐航が望ましい。なお妙見島西水路は、原則として、地元の業務船以外の進入は禁止されている。
マリーナはニューポート江戸川ジー・マリンIZUMI MARINEがある。
分岐する水路としては、見明川(青印)、境川(赤印)、新川(緑印)などがあり、今井付近で新中川(空色印)が合流し、流頭部で江戸川本流(黄印)と接している。
ただし、境川は境川西水門が常時閉鎖されており、地元の船以外の利用は実質不可で、新川は大半の区間が水位低下化河川として閉塞されており、進入できるのは新川東水門付近の、わずかな区間のみとなっている。
船着場は、なぎさ公園(青鋲印)、今井交通公園(赤鋲印)、東篠崎(緑鋲印)、スポーツランド(空色鋲印)、ポニーランド(紫鋲印)があるが、現在定期便の寄港はない。
流頭部には、洪水と塩分遡上の防止のため、江戸川水閘門(黄鋲印、水門5径間、閘門1基)が設けられている。潮位によっては、水門・閘門とも開放状態になることもあるが、船舶が通航できるのは閘門のみである。
閘門は、運転時間6時~18時、年中無休で、 ゲートの前で待機していれば、遠隔操作によって運転される。
水路をゆく 過去ログ」で旧江戸川を検索
水路をゆく・第二運河」で旧江戸川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 旧江戸川 妙見島 江戸川水閘門 閘門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する