権現山公園と新横利根閘門

185001.jpg1月2日は毎年恒例、あんば様(阿波大杉神社)への初詣。お参りの後、艇を一年守ってくれた昨年の古いお札を納め、新しいお札をいただきました。

参拝後は昼食を兼ねて水郷に立ち寄り、水門や川景色を楽しんでから帰るのも例年のごとし。今回は、まだ一度も訪ねたことのなかった、牛堀町権現山公園をお散歩してみることにしました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください
185002.jpg
牛堀は常陸利根川北岸、潮来の西に位置する街で、かつては潮来と並ぶ有力な河港街として知られ、高瀬舟や川蒸気の寄港で賑わったところです。

権現山公園は、牛堀の街を眼下に望む、小高い丘の上を切り開いた形で造られたところ。葛飾北斎もここからの眺望を「常州牛堀」として描き、近年では「茨城百景」に選ばれたとのことですから、きっと素晴らしい川景色が楽しめることでしょう。

185003.jpg
さっそく眺望を堪能しようと、ずんずんと公園内に歩を進め、西側の展望台から身を乗り出すと‥‥。おお! 

右手には広大な霞ケ浦の水面が広がり、中央には国道51号線北利根橋が、始まって間もない常陸利根川を渡っているのが見えます。権現山のある丘陵は、意外と常陸利根川に迫っていて、牛堀の家並みは限られたスペースへ肩を寄せ合うように、こじんまりとまとまっているのがわかります。

185004.jpg
そして何より楽しいのが、この展望台、新横利根閘門の正面も正面、いうのも気恥ずかしいくらい(なら騒ぐな!)の真っ正面が見下ろせること! 閘門好きとしては、まことに希少なビュースポットなのであります!

しかし、この展望台から周囲を見渡してみて、牛堀がいかに重要な河岸であったか、改めて実感したような気分になりました。霞ケ浦唯一の外界への出口に位置し、常陸利根川と横利根川の分流点という、いわば水路の三叉路であったわけです。その上権現山という、フネブネにとっては格好の目標に恵まれていたわけですから、河港ができないほうがおかしい、といってもいい過ぎでないと思います。

185005.jpg
せっかくですから、ぐっとズームでたぐり寄せて堪能してみましょう。巻上機室の中までも、ディテールが判別できるのは高台の良いところ。

‥‥得がたい視点に嬉しくなり、しばらく柵にもたれて眺めていたら、現金なことに、あまりの真っ正面ぶりが気になってきました。距離もあって、前扉室ゲートが後扉室のそれを完全に覆い隠し、閘門らしさが味わえないのです。やはり、二つのゲートが並ぶところを見たいものだと、別の場所を探してうろうろすると‥‥。

185006.jpg
丘のふもとへ降りてゆく、階段の小径が目に入りました。「三熊野神社」「水郷北斎公園」の案内板があります。神社にもお参りしたいと思っていたので、閘門の見える位置を探しながら、散策することに。

185007.jpg
木立やら電線やらが邪魔して、なかなかいい場所が見つかりませんでしたが、途中、何とか閘門を収められるところを発見。やはり、前後のゲートが同時に見えるのと見えないのとでは、全然違います。

185008.jpg
三熊野神社は、桜の木立に囲まれて、権現山のふもとにひっそりとおわす小さなお社。利根川舟運ゆかりの地、何かその手の奉納品や記念碑でも‥‥と、例によってよこしまな気持で探したのですが、残念ながら見当たらず。本殿と境内社にそれぞれご挨拶し、まっすぐ伸びる参道を歩いて川岸へ。

185009.jpg
河畔は延長1㎞におよぶ芝生のテラス、「水郷北斎公園」となっていて、散策や釣りを楽しむ人影もちらほら。参道が水辺に突き当たったあたり、ちょうど舟入状に掘り込まれていて、昔は舟での参詣もあったのか、水郷三社のように浜鳥居もあったのかしらと、あれこれ妄想させるものが。

185010.jpg
新横利根閘門も対岸に迫り、ここでもはすから一枚。何だか低い視点からの方が、ホッとするような‥‥。

まあ、いつもの目線に戻ったともいえますが、水面に近い位置から水門のたぐいを眺めることに、もはや慣れ過ぎてしまった自分に気づかされたときでもありました。はい。

185011.jpg
参道のすぐ脇にあった一軒、何やら、気になる注意書きがありますね。最近塗り替えられたようで、つるりとしてそうは見えませんが、この壁面全体が大谷石なのでしょうか?

185012.jpg
だいぶ雲が多くなってきました。階段を上がって権現山上に戻り、東端、遊具のある一角から潮来市街の方向を望んで。蛇行する常陸利根川を中心に、遠く潮来大橋やホテル街、右手には十六島が広がって、水郷の中心地がまさに一望のもと。

水郷を俯瞰する! ただそれだけのことが、たまらなく貴重で、嬉しいことに思えたのは、それだけ水郷が広大で、起伏に乏しい地勢であるあかしなのでしょう。しかも、水辺に近しく、高すぎず低すぎずの丘という絶妙なビュースポットは、まず権現山をおいて他にないのではないでしょうか。初めて目にする、水郷の新たな一面を発見したような気がして、充実したお散歩となりました。
撮影地点のMapion地図

(28年1月2日撮影)

【追記】
新横利根閘門の細部については、過去ログの以下の記事をご覧ください。

新横利根閘門…1
新横利根閘門…2
新横利根閘門…3

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新横利根閘門 閘門 横利根川 常陸利根川 水郷 権現山公園

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する