11月29日の水路風景

184001.jpg昨年11月29日は、秋晴れに誘われて軽く近場回りをしてきました。天高く、馬は肥えずとも河水も澄み、川景色がいっそう映えてくるこの季節、通い慣れた水路群を気楽にお散歩するのは、楽しいものです。

以下、道々に拾った水路風景や、おなじみの物件たちの様子をまとめてみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください
184002.jpg
恒例、大島川水門更新工事の進捗状況! 「7月19日の川景色」の時点ではまだなかった、左径間の巻上機室が姿を現しました。右径間にくらべて、桁が少し浮いたようになっているのはなぜでしょう。桁の重量を支える、支承の調整をしつつ下ろしているのでしょうか。

184003.jpg
隅田川に出て遡上。総武線隅田川橋梁、改修のための足場を構築中なのか、それとも外しているのか‥‥。いずれにせよ、昭和7年に竣工した初のランガー桁、いつまでも美しくあってほしいものです。

184004.jpg
遡上中、おなじみ「カワセミ」にも出会いました。後部デッキのお客さんが、しきりにこちらを見てはカメラを構えているのに、面映ゆい思い。先日入渠(『10月4日の旧江戸川…5』参照)して、水線下はすっかりきれいになったはずですから、足取りも軽いでしょう。

184005.jpg
浅草の桟橋では「竜馬」が客扱い中。赤い甲板室が陽光を反射して、川面に姿を映しているさま、なかなかいい雰囲気。好天に恵まれて、下航便のお客さんも多いことでしょう。

184006.jpg
神田川に入ってみると、お茶の水分水路の吐口に、たくさんのユリカモメが集まっているのを発見。おいしいものが流れ出てくるのか、魚が集まってくるのか、それとも水温の塩梅でもよいのか‥‥。

そういえばユリカモメ君たち、最近はだんだん上流でも見かけられるようになり、先日は小石川橋の近くで十数羽、護岸上に並んでいるのが見られました。神田川は彼らにとって、結構な住み心地の川であるようです。

184007.jpg
日本橋川、常磐橋の解体工事の様子。撤去が進み、右径間、公園側は橋台の一部を残してほとんど姿を消した状態。左の日銀側はまだ支保工が残り、橋脚の周りには鋼矢板が打ち込まれて、基礎まで調査しながら撤去するようですね。

184008.jpg
晴海では、ビルの間から飛行船が見えました。微風で静穏な秋晴れとあって、乗り組みさんたちの目線ならまさに飛行船日和。上空からの眺望も、素晴らしいものがあったでしょうね。

184009.jpg
朝潮運河、朝潮水門を通過。向こうに架かる環状2号線の橋‥‥黎明大橋と名前が決まりましたが、工事もおおむね終わって外観もすっきりし、久しくばたばたしていた水門周りの雰囲気も、だいぶ落ち着いたものとなりました(工事中の様子はタグ『朝潮水門』参照)。

184010.jpg
晴海5丁目、トリトンスクエア前には、鋼材を組んだ大規模な足場が。テラス工事にしては大げさに思えますが、何ができるのでしょう。都心にも間近く、再開発も急ピッチで進んでいるとあって、一見のんびりとした水辺も、大きな変貌を迫られそうではあります。

184011.jpg
最後は、客扱いを終えた屋形船2隻の船隊について、単縦陣で佃水門を通航。先行船の排気臭を嗅ぎながら、一団となってゆるゆると水門をくぐるひととき、これまたよろしいものでした。
撮影地点のMapion地図

(27年11月29日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大横川 隅田川 神田川 日本橋川 朝潮運河 水上バス カワセミ 高架下水路 大島川水門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する