お花見水路散歩…5

(『お花見水路散歩…4』のつづき)

4021.jpg大島川水門をくぐると、眼前に広がる濃厚な桜並木…昨年に引き続いてのお気に入り、大横川のお花見航行です。(昨年の様子は、過去ログ『お花見は曇り空だったけれど…14』以下のシリーズ参照)

この、両岸の桜が同時に楽しめそうな、水路幅のほどよい狭さがまた、いいんですよねえ…。

4022.jpg西口近くに、S字の屈曲があるおかげで、奥まで隅田川のうねりが入ってこないのも、大きな利点の一つ。

ちょうど、一艘のカヤックが、桜を愛でつつ反航してきました。ご覧のようなカヤックでも、安心してお花見を楽しむことができる、安定した水面でもあるのです。


4023.jpg黒船橋の船着場では、恒例の、和船友の会による櫓舟に乗る人々が、長蛇の列をつくっていました。

越中島橋の下で、写真の舟が接舷するのを待って、最微速前進。ここから東富橋まで約800mの区間は、桜祭り期間中、櫓舟の航行区域になります。
櫓舟はお客さんを乗せて、岸沿いを右側通航で一周し、黒船橋船着場に戻ってくるコースを取りますから、動力船は水路中央付近をデッドスローで航行するようにし、引き波を立てないよう、注意しなければなりません。錨泊はもちろん厳禁です。

4024.jpg和船が途切れたのを見計らって、ちょっとだけ岸に接近。ちなみに今年は、昨年とは違って櫓走はせず、微速での機走にとどまりました。

大横川の桜は、よその水辺にくらべて、花の密度が濃ゆい気が…。
お手入れがよいのでしょうか?

4025.jpg巴橋付近の光景。厚くなりつつあった雲が一瞬薄れて、少しだけ光が戻ってきました。

この日は、昼近くの潮位が高かった(13:56で145cm)せいもあるのでしょう、ボートの姿はあまり見られませんでしたが、和船を漕ぐ会員の皆さんや、お客さんたちにとっては、フネブネに煩わされず、良いお花見になったかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(21年4月5日撮影)

(『お花見水路散歩…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大横川 和船 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する