山間のノッポ閘門! さみだれ大堰舟通し…2

(『山間のノッポ閘門! さみだれ大堰舟通し…1』のつづき)

183056.jpg対岸近くのご本尊を攻める前に、まずはこちら側、西岸からの表情を堪能しておきましょう。

上流側に出てみると、光線の塩梅もよろしく、管理橋の桁が真一文字に白く輝いて、清々とした面持ち。何分高さのない構造の堰とて、向こうに小さく見える閘門の立ち上がりがなければ、単なる橋のようでもあります。



183057.jpg
上流側から眺めて気づいたのが、橋桁の中央に掲げられたこれ。一見して、荒川の橋にあるような、河川情報板(『中川に向かう』ほか参照)のたぐいであろうと察しはつきましたが、どう見ても豆球やLEDを使った、電光掲示板とは思えない外観です。

近くで眺めれば、何かわかることがあるかもと、橋を渡ってみることにしました。

183058.jpg
橋の上は定期的に清掃されているのか、砂塵の吹き溜まりもなくさっぱりとしていました。雄大な川景色を左右交互に楽しみながら、橋の中央へ。

183059.jpg掲示板らしきものをのぞいてみると、点検用とおぼしき足場の片割れに、「さみだれ大堰船舶警報装置」と題された、写真のような銘板が。

「表示切替 2パターン(警報表示・表示無)」、「電動機直結駆動」なる仕様書きから、さまざまな文言が出せる機能はなく、どうやらパタパタ式でたった2種類の表示をする、単純なもののようですね。農繁期で堰上げているときは、「堰閉鎖中」とか文言が表示されて、両脇のランプが点滅するのかしら。

183060.jpg
さて、閘門の巻上機室が視界を大きく占めるようになって、いよいよ高まるテンション。

‥‥いや、それは置いて、ほかの見どころを先に押さえておこう。大好物は、後に取っておいてこそ味わいがいや増すのです!

(27年11月22日撮影)

(『山間のノッポ閘門! さみだれ大堰舟通し…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : さみだれ大堰 さみだれ大堰舟通し 閘門 最上川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する