お花見水路散歩…4

(『お花見水路散歩…3』のつづき)

4016.jpg期待にたがわぬ、水門と桜のコラボレート…。特に風流心のない私でも、やはりこのツーショットには惹かれるものがあります。

このほか、昨年紹介した、浜離宮や月島川(過去ログ『お花見は曇り空だったけれど…3』参照)も、桜と水門が同時に楽しめます。その道の愛好家の方、来年はご家族サービスもかねて、ぜひ。

4017.jpgせっかく、水上まで大きく張り出して咲いてくれているのですから、これを堪能しない手はありますまい。微速で艇を岸に寄せ、ありがたく接近遭遇させていただきます。目前に迫ってくる低い枝を、首を傾けてヒョイ、と避けるのも楽しいものです。

ここは、隅田川を走る船の引き波が、ザブリ、ザブリと入ってくるところでもあります。うねりにあおられて岸にゴツン、なんてことにならないよう、ご注意ください。

4018.jpg青い扉体と桜色のコントラスト…水辺は人通りもまばらで静か、春の水辺の贅は、水門桜に限ります(?)。

隅田川から入ってくる絶え間のないうねりが、だんだん気になってきました。
引き波にわずらわされることなく、水路もほどよい狭さで、おまけにフネブネの姿も楽しめる、その上桜も質量ともに最高レベル…と、まるで理想郷のような書き方をしましたが、少なくとも私にとっては、まさに武稜桃源(笑)な水路といえば、あそこしかありません!

4019.jpgというわけで小名木川を出て、さらに隅田川を南下。永代橋をくぐった右手、新川一丁目の土手に咲き誇る桜並木も、また見事。

しかし、木っ端ブネからの目線では、文字どおり、手の届かぬ高嶺の花…。もっと低レベル(?)に降りてきていただかないと、やはり、桜を味わった気になれませなんだ。

4020.jpg隅田公園を目指すのでしょう、遡上する屋形船を前に、取舵を切り、いざお祭り会場へ。

「引き波地獄」の訪れる前に、どうやら隅田川を脱出できそうです。少々曇ってきたのが残念ですが、昨年のお花見よりは、気温・空模様とも、かなりマシではあるので、気を取り直してスロットルを倒しました。
撮影地点のMapion地図

(21年4月5日撮影)

(『お花見水路散歩…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 小名木川 新小名木川水門 隅田川 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する