10月10日の江戸川閘門

(『江戸川閘門のディテール…4』のつづき)

180056.jpg

180057.jpg出渠後、10月10日に見た帰路の川景色を少し。上は本流からの江戸川水閘門遠望。この朝はあいにくの薄曇りで、少し肌寒いほどでしたが、朝靄にけぶる水門風景は風情があって、よいものでした。

4日と違って水位差があるので、例によって楽しみながら通ろうと、さっそく魚探の感をチェック。
入閘時4.8m、出閘時3.1mと、数字の上ではその差1.7mという結構な閘程でしたが、自分の感覚ではせいぜい1.2mといったところで、そんなに下がった気がしませんでした。魚探がおかしかったのか、それとも気泡や底質で、エコーが狂わされていたのかしら。



180058.jpg
いつもと違ったのは、排水が終わって水位の低下が止まったものの、すぐ開くはずの後扉室のゲートが、なかなか開かなかったこと。

その間ほんの数分でしたが、艇とともに閉じ込められた格好になったわけで、さすがに閘門好きとはいえ、ちょっと不安になったものです。係の方がお手洗いにでも立たれていたのかな? しかし、今考えてみると、シーンと静まり返った閘室の雰囲気は一種独特で、貴重な体験ではありました。

180059.jpg
藤代繁造船所の前を通ると、4日は河道上にもやっていた測量船「たんかい」が、船台が空いたようで上架していました。

二つのプロペラを外して、軸系の修理をしているようですね。カタマランの水線下の形も興味深く、いいタイミングで出会ったと嬉しくなりました。

180060.jpg
荒川を横断して砂町運河へ入ると、ちょうど独航艀「第二十三芝浦丸」が進入するところに出くわしました。過去にも何度か出会ったことがある(『4月2日の川景色…7』参照)、おなじみの船影です。

低い爆音を轟かせて、ゆっくりと重量感ある走りぶり。ウェーキにつけて排気の匂いを嗅ぎながら、新砂水門を通りました。
撮影地点のMapion地図

(27年10月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 江戸川水閘門 閘門 新砂水門 江戸川 旧江戸川 砂町運河 独航艀

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する