9月20日の水路風景…6

(『9月20日の水路風景…5』のつづき)

179026.jpg晴海埠頭に沿って遡上(?)し、ららぽーとを正面に見ながら左折、春海運河の最奥部に入ったところで、ショッキングな光景を目にすることになりました。

太平洋セメント・小野田レミコンのプラント設備が無くなっている!
いや、まだ残っている部分はありましたから、撤去工事中といったところですが、左半分は見たところすでに更地に近いようで、解体に携わるクレーンが目立つばかりとなっていました。
撮影地点のMapion地図

179027.jpg
右半分はまだ原形を留めていますが、建屋は足場でおおわれ、姿を消す日がそう遠くないことを感じさせます。埠頭南東岸の貨物用上屋やクレーンは、すでにほとんどが撤去されてしまいましたし、この工事を持って、晴海埠頭の貨物扱いは、完全に終焉を迎えることになるのでしょう。

しかし、水路をうろつくようになってから、川や運河畔で活躍してきた荷役設備を、いくつ見送ってきたことか‥‥。舟運が衰退してすでに久しく、最近まで生き残ってきたものは、いうなれば最後の一握り。このペースでゆくと、東京の水路から小型の内航船や艀による輸送が絶滅する瞬間に、立ち会うことになるのかもしれません‥‥。

179028.jpg例によって、この機会に現役時代をしのんでおこうと、24年2月12日に撮った写真(『ゲートブリッジの開通した日…6』参照)を二枚。

舷側の抜き文字が素敵だった「第参拾八龍丸」、青く塗りあげた船体の「第一たかお丸」が並んで荷役する姿です。晴海大橋ができてからは、マストを折りたたんで、首をすくめるようにして入港してくるシーンが印象的でした。

179029.jpg
アンローダーは、ダブルリンク引込みクレーン式。すでに両岸には高層マンション群が迫り、肩身の狭い思いをしたことでしょう。

この対岸が石川島の造船所で、水路狭しと巨船が横付けし活気にあふれていたことが、つい昨日のことのように思い出されます。

179030.jpg
何とも寂しいことではありましたが、秋晴れの下、撤去中に立ち会えただけでもよしとして、スロットルを倒し帰路へ。

厳しかった猛暑も遠く去り、雨続きの週末からもどうやら脱出できそうな気配、水路行に最も適した季節を迎えて、もう少しお散歩の頻度を上げてゆきたいものですね。

(27年9月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 隅田川派川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する