閘門様も10年

171031.jpg
先日、国交省・荒川下流河川事務所の記者発表資料、「荒川ロックゲートを船が通行できません」(PDF)を読んで、報じられている休止期間の長さよりも、竣工以来10年を経過したくだりに目が行き、「ああ、もうそんなに経つのか‥‥」と、おっさん一人でしみじみしてしまいました。

いまだに、閘門界の最若手、といったイメージから離れられないのですが、あの大騒ぎして一般供用初日に初通航した、平成17年10月から間もなく満10年、もはや中堅どころといってもよいだけの、よわいを重ねたわけですね。

発表資料にもあるように、竣工10年を経たことを機に、昨年度から今年度にかけて、大きな整備期間を設けることになりました。すでに、昨年11月25日から本年3月25日に、第一回の整備期間を終えており、今回発表された本年12月1日~来年3月25日は、第二回ということになります。

水路天国である江東内部河川の東の顔として、また都内最大の現役閘門として、メディアへの登場も数多く、東京の水路シーンに欠かせない存在となったことは、いち閘門ファンとしても喜ばしいことです。10年間お疲れさまでした、休養後も変わらぬ活躍を願っています!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 荒川ロックゲート 閘門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する