中島閘門見学…1

(『鼬川取水堰と樋門』のつづき)

175086.jpg
食事を終えて外に出ると、ちょうど「もみじ」が帰ってきました。船体色に合わせた、オーニングのワインレッドが芝生の緑に映えて、環水公園の水辺風景によく似合いますね。

バウに向かってゆるやかに上がってゆく舷側のラインが、排水量船型の静々とした走りぶりとあわせ、優雅な雰囲気をかもし出しています。短距離の水路行には、もってこいの艇でしょう。

午後は環水公園の船着場から、この「もみじ」に乗って、ふたたび富岩運河へと乗り出しました。といっても、岩瀬カナル会館まで下るのではなく、中島閘門で上陸して閘門施設を見学、元の環水公園に戻ってくるコース。せっかく訪ねたのですから、どちらのコースも乗っておきたいと思ったのです。

175087.jpg「もみじ」の船内は、船首側をのぞく三方にロングシートを配したもの。船尾側は船長とガイドさんの席なので、お客さんは両舷のシートに並んで座り、身体や首をひねって外を眺める形になります。

席についてみると、船首側の高さが視界を狭めており、加えてオーニングや支柱もあるので、窓ガラス(?)はすべて跳ね上げてあるとはいえ、眺望はそれなりなのは致し方のないところ。身体をひねらなければならないこととあわせ、オープンボート原理主義者(?!)としては、少々ツラい船行きではありました。

念のため触れておくと、シートは深く背ずりも高いので座り心地は上々、コクピットの深さとあいまって、落ち着ける居心地のよい空間で、小人数でのんびりするには居住性のよい艇といえるでしょう。

175088.jpg

175089.jpg同乗のガイドさんは、午前中に乗った「ふがん」と同じ方。解説の合間に、「このお客さんは午前中にも‥‥」などとたびたびイジられてしまい、何とも気恥ずかしい思い。一日に二度も運河に繰り出す客は、少なくともこのガイドさんは初めてだったようです。

後扉室のゲートがほとんど隠れるくらい、なみなみと水を湛えた閘室を見ながら、ふたたび中島閘門を通航できるこの嬉しさ。

いやもう、何度通ろうが、飽きるなんて薬にしたくてもありえないでしょう! 管理橋の上では、通航シーンを写真に収める人の姿も見られました。

175090.jpg
閘室を出た「もみじ」は、すぐに舵を右に切って、放水路の方へ船首を向けました。管理橋の裏側に施された、補強のI形鋼の様子がよく観察できる角度です。

桁を二重に補強され、下流側には人道橋も併設されて、原形を失ったといってもよい状態ではありますね。閘門や操作室は念入りに復元されたようですが、こちらはそういった予定はないのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(27年6月20日撮影)

(『中島閘門見学…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門 閘門 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する