富岩運河で遊ぶ…10

(『中島閘門ふたたび…3』のつづき)

175061.jpg乗り組みのお一人が、操舵席の左側に立ち、双眼鏡を構えてワッチを始めました。何事でしょう、定期便として連日行き来して、通い慣れているはずの運河で双眼鏡とは、ただならぬものを感じますが‥‥。

間なしに、乗り組みさんは双眼鏡をおろし、「いたいた、あそこ!」と、船長の方を向いて左舷前方を指さすと、船長は合点とばかり舵を切って左へ。何があるのでしょうか?

175062.jpg
岸に近づくと「ふがん」は行き足を落し、右に当て舵して姿勢を護岸と平行に直しました。乗り組みさんいわく、「ホラ、鴨がいますよ!」。

見ると、護岸のわずかな段差に、ひよこ饅頭のように座り込んだ鴨のヒナたちが! 壺巣に詰まった十姉妹ばりに、ぎゅっと固まっているのも可愛らしく、他のお客さんからも歓声が。

175063.jpg
そのすぐ上流、小河川が合流する落し口では、一心に水面をついばむヒナたちと、それを見守る親鳥の姿も。

フェンスに集まった水草の中に餌があるのか、もしゃもしゃとかき回す様子がこれまた可愛らしく、一同ニッコリ。しかし、わざわざ双眼鏡で探してまで、しかも船を寄せてくれるなんて、乗り組みさんたちはなかなかサービス精神旺盛です。

175064.jpg
この間、水管橋、大島橋とくぐって、下新橋を通過。やはり簡素なRC橋ながら、永代橋以降、だんだん街場の橋らしい雰囲気になってきました。

175065.jpg下新橋のすぐ上流にあるこれは、ガイドさんによれば「ウラミの滝」なのだそう。何も、恨みなど剣呑ないわれがあるわけではなく、この庇の上から時間を決めて放水があり、文字どおり「裏から眺められる滝」になるのだとか。

暑くなるこれからは、涼しげでいいでしょうね。庇の下のベンチでは、お昼寝をしたりと思い思いに憩う人の姿が見られました。
撮影地点のMapion地図

(27年6月20日撮影)

(『富岩運河で遊ぶ…11』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 水上バス 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する