6月7日のフネブネ…5

(『6月7日のフネブネ…4』のつづき)

173021.jpg
近づいてみると、船体は塗装済みではあるものの、船橋構造物はまだ工作の途中らしく、銀色の生地もあらわです。

173022.jpg舷側に大書きされた文字は、果たして日本語ではありません。ええと、フランス語かな? トランサムの「KHOR ANGAR」が船名のようですね。

右の写真は真横から見たところ。「DJIBOUTI」‥‥ジブチだ! と、ここでようやく気付く船頭。海外向けの艇が、墨田川造船で建造されているのを目にするのは、もちろん今回が初めてとあって、妙に興奮してしまいました。

173023.jpg
キラキラと陽光を反射する、船橋構造物周りをアップで。縦に走る筋は、ステンレスのビートか何かと思っていたら、違うみたいですね。仕上げ前のパテ盛りのようにも見えました。船体に描かれた緑・白・青のストライプは、ジブチの国旗の色をデザインした、沿岸警備隊所属を示すシンボルでしょう。

帰宅後に検索してみると、ジブチの海賊対処能力を強化するため、我が国のODAで供与される、2隻のうちの一つなのだとか(『ジブチ共和国向け無償資金協力贈与契約の締結独立行政法人 国際協力機構)。

173024.jpg
去りぎわに左舷前方から。一見した感じでは、大きさ、スタイルとも、保安庁の「すずかぜ」型巡視艇によく似ています。

「ゲディズ」と同じ日に、珍しいODA艇に出会えるなんて、本当にラッキーでした。任地は紅海の入口ともいえる遠いところ、道中の無事と、現地での活躍を祈っています。

173025.jpg帰路のシメは、やはり大好きな古賀オールのバージとクレーンで。バージはおなじみ「第六ふみ丸」。クレーンと同じく、よく整備された船体は、眺めていて気持ちの良いものですね。

曳船に曳かれた航行中の姿を、一度ものしてみたいと願いながら、早や数年経ってしまいました。いずれ平日に休みを取れる機会があったら、この巨体があけぼの水門をギリギリですり抜けるシーンや、十字流を微速で進む悠揚迫らぬ姿を撮ってみたいものです。

(27年6月7日撮影)

(『6月7日の水門…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東雲北運河 曙北運河 巡視艇 古賀オール 墨田川造船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する