6月7日のフネブネ…1

173001.jpg6月7日はお手伝いがあって艇を出したのですが、その道々の諸々は後で触れるとして、まずは当日出会ったフネブネから。そうそう見ることができない珍しい船たちだっただけに、嬉しかったものです。

早朝にしてすでに陽射しも厳しく、すっかり夏らしくなった気候の中、船影のない東雲運河をフルスロットルで飛ばして港内へ。朝凪と水面の平滑さも手伝って、平素鈍足な我が艇に似合わず、24ktを叩き出すなど機関すこぶる快調。急ぐわけは‥‥。

173002.jpg
トルコ海軍のフリゲート、「ゲディズ」が晴海埠頭に入港しているからです! めったにお目にかかれないトルコ艦とあって、嬉しさもひとしお。6月5日から8日の予定で接岸するのを知ったときは、「ちょうど出る日だから、朝早く訪ねれば見られるな!」と、幸運に感謝したものでした。

手前、ハルナンバー110はホストシップの護衛艦「たかなみ」、奥が「ゲディズ」です。

173003.jpg

173004.jpgまずは「たかなみ」から堪能してまいりましょう。例のごとく岸壁にギリギリまで寄せ、正面から一枚ものしようと最微速で接近。結果は‥‥う~ん、あまり上手く撮れなかったような。この角度から見ると、ラティス構造のマストが黒々とそびえ、側面からの視点より重厚さを感じさせますね。

旋回しつつ少し距離を取り、仰ぎ気味に全容を。船首も舷側も、輪郭が緩やかなカーブを描いていて、勇ましい中にも柔らかな印象が。今回の役目に合わせて整備されたのか、外舷の塗装もきれいです。

173005.jpg
5インチ砲はかっこいいな!

海自現用の5インチ砲では、このオットー・メララ(最近は『オート・メラーラ』と表記するのだそうですが、導入時はみんなこう書かれていたような)製が頼もしそうで、一番好きです。すでに引退したものまで含めると、古風な感じのするMk39もお気に入り。

(27年6月7日撮影)

(『6月7日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 護衛艦 軍艦

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する