5月3日の西側河川…9

(『5月3日の西側河川…8』のつづき)

172041.jpg木場公園大橋の主塔を見上げて。薄雲がかかる青空によく映えて、爽快な眺めです。大河や臨海部でなしに、これだけの規模の斜張橋が水面から眺められるのは珍しくもあり、高いビルの少ない江東だけに、より堂々として見えるのもいいですね。

‥‥のんびりしているように見えますが、まだまだ低い橋が控えており、内部河川脱出の時刻も迫っているので、実はヒヤヒヤしながらの微速航行なのであります。はい。

172042.jpg

172043.jpg径間が比較的短くて、お手ごろ(?)感が好ましい崎川橋。両端がテラスで隠れてしまっているのはパターンですが、西側は水管橋もなく、存分に震災復興トラスの魅力が味わえるのはよいものです。

ここでおなじみ大横川との丁字流、くぐれなかった茂森橋をうらめしげに眺めながら、舵を左へ切って北上を始めると‥‥。


172044.jpg
大栄橋の橋名が、はがれかけたりひび割れたりして、何かを思い出させるへろへろ書体になっていました。あっ、「南前堀…2」で、橋脚に掲げられていた注意書き、「係船禁止」の劣化にそっくり。そういえば、白妙橋の橋名も、同じようにへろへろになっていたなあ。

本体は塗り替えて間がないのに、橋名がすでにこの状態では、ステッカーの材質がやわすぎるとしかいいようがありません。従来どおり、塗料でのレタリングにした方がよさそうですね。

ともあれ、A.P.+2.8mをくぐれて、少し気持ちが楽になりました。しかし、元木橋は本当に大栄橋と同じ桁下高なのか‥‥。しつこいですが、ますます気になってしまいました。

172045.jpg
通るたびに同じような感想で恐縮ですが、筋交を塗り分けたりして、トラスの中でも瀟洒な装いだった福壽橋、高欄の錆がますます進行しているようで、ちょっと痛ましくなってきました。

何か、橋梁パトロールみたいな感じになってきたな‥‥。まあ、好き者が道楽で勝手なことを書き散らしているだけで、その筋にもの申そうなどという意識高めの神経は、雀の涙ほども持ち合わせておりませなんだ。
撮影地点のMapion地図

(27年5月3日撮影)

(『5月3日の西側河川…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 仙台堀川 大横川 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する