5月3日の西側河川…6

(『5月3日の西側河川…5』のつづき)

172026.jpg仙台堀川に入りました。丁字流を西へ折れると、まず目に入ってくるのが、長方形の側面で知られるトラス、亀久橋。好きな橋の一つなのですが、どういうわけだか、自分なりに納得のゆく写真をものにできた(コンデジ片手撮りで何を偉そうに)ことがないのです。

ウマが合わないのか、嫌われているのか‥‥。水面から見上げてよし、渡ってよしの、復興橋の中でも五指に入るキュートな橋であると思っているのですが、どうやら片思いのようです。

172027.jpg
くぐって、西側から仰いだところ。むう、やはりうまく撮れないなあ。ステンドグラス(?)の入った橋灯が素敵。経年で色あせた結果なのか、軍艦色のような青味がかったグレーがよく似合います。

172028.jpgゆるい「へ」の字状の屈曲の、角に位置するためか、どうもよいポジションが取りにくいきらいがあるような。東側には大きなコンクリート橋台を持つ水管橋、西側はテラスの張り出しが大きい上、両岸に桜がかぶさってと、どちらから見ても全体像がとらえづらい環境なのもあるでしょう。

などと、周りのせいにしてばかりいるのも、よくありませんね。丹念に探せば、どこかにきっと、魅力的な角度があるに違いありません。

172029.jpg
木更木橋の高欄中央には、「江戸時代の材木問屋」と題した、浮世絵か何かを模したらしい彩色画が。このくらい近づかなければわかりませんが、水面を行き来するフネブネに向けたメッセージがあるのは、やはり嬉しいですね。

アーチ橋を意匠化したと思しき、左右の高欄も素敵。あっ、この橋の桁も、黒というかこげ茶というか、それ系の色ですよね。

172030.jpg
大横川の練兵衛橋~東富橋間ほどではないものの、こちらも高密度の桜並木を誇るお花見水路。静かな川面に新緑を映したさま、来てよかったとしみじみ。

これが袋小路でなくて、清澄排水機場のところが隅田川と通じていれば、もっと気軽に出入りできて、大横川ばりに花見船で賑わったことだろう‥‥と妄想。
大した距離ではないものの、表通りから何本か入り込まねばならないのは、やはり足が遠のくでしょう。出入りにかなり低い橋をくぐる必要があるのも、閉じ込められる前に出なければと、及び腰になってしまいますよね。
撮影地点のMapion地図

(27年5月3日撮影)

(『5月3日の西側河川…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 仙台堀川 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する