3月15日の水路風景…8

(『3月15日の水路風景…7』のつづき)

169036.jpg
御茶ノ水駅に近づくと、何ていうんでしょう、壁に取り付けたレール上を移動する足場が、大きく張り出しているのに目を奪われました。

同じものが、水道橋下流の南岸にもありますよね。この立体交差部分も昭和の初めに造られたものでしょうから、大規模改修の必要があるということなのでしょう。

169037.jpg「カワセミ」は、聖橋あたりで転回するとのことでしたから、ここで距離を取っておかなくてはと、若干増速して引き離すことに。

引き波が護岸に当たって派手な音を立て、フェンスがうねる様子を横目で見ながら、身の縮む思いで御茶ノ水駅横を通過。すみませんすみません。


169038.jpg
後ろに小さくなる「カワセミ」を見て、何だか名残惜しくなり一枚。ちょうど丸ノ内線の電車が、夕日に照らされながら通過してゆく瞬間が収まりました。

あっ、写真左手手前、桜がだいぶ咲いていますね。3~4分咲きといったところでしょうか。

169039.jpg

169040.jpg御茶ノ水~水道橋間の屈曲区間に入ったところで振り返ると、お茶の水橋のすぐ上流あたりで、「カワセミ」が転回しているのが見えました。ちょっと離れ過ぎてしまったかと、後悔したものの後の祭り。乗り組みさんは船尾近くに立って、護岸との距離をワッチしているようです。窮屈そうな感じが、離れていても伝わってくるシーンではありました。

おまけを一つ。日本橋川、常磐橋を解体している現場で、形鋼の杭に、ご覧のようなカエル君が貼り付けられているのを発見。フェンダーにしては小さいし、警戒標識とすれば、可愛らし過ぎる(笑)気が‥‥。今回初めて気づいたのですが、以前からあったのでしょうか。

(27年3月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 神田川 日本橋川 水上バス カワセミ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する