綾瀬川再訪…7

(『花畑水門との再会』のつづき)

3036.jpg念願の、花畑水門との再会を果たしたので、これで反転・南下してもよかったのですが、せっかくここまで遡上してきたのだからと、せめて屈曲区間の終わりまで行ってみることにしました。

まずは水門のすぐ上流に架かる、内匠橋をくぐろうと、微速前進。

3037.jpg内匠橋をくぐった瞬間、目の前に広がる風景が一変したのに、まず驚かされました。

両岸にそびえていた垂直護岸が消え失せ、雑草や潅木まで生やした法面となったことで、今までと違った、何かのどかな雰囲気です。東岸に絶えず寄り添っていた高速道路は、右手奥へと離れたこともあり、視界がぐんと広がった感じがします。

3038.jpg左手、南花畑3丁目付近を見たところ。
屈曲の内側になるこちらの護岸沿いには、泥の堆積が見られます。生きた川らしい表情を目にして、何かホッとしました。

両岸の雰囲気が一変した理由のひとつは、帰路に知ることになるのですが、それはまた後ほど…。


3039.jpg右手、神明一丁目側には、小さな樋門が見られました。

一枚板のコンクリート護岸に、直接開口部を造って設けられたのと違い、周囲を固める法面の造形も複雑な曲面を描いており、縁には雑草も茂って、どこか牧歌的です。




3040.jpg小さな樋門のすぐ上流側にも、背後に排水機場が控え、上部に操作室を頂いた、やや規模の大きい樋門が。
左の側面に張られていた銘板を見ると、「浮塚排水樋管」とありました。

このすぐ裏には、中川との間を流れる、垳川があるので、その排水設備でしょう。写真を撮ったこのあたりは、ちょうど東京と埼玉の県境が、綾瀬川の上を横断している地点でもあります。
撮影地点のMapion地図

(21年3月15日撮影)

(『綾瀬川再訪…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 綾瀬川 内匠橋

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する