蹴上インクラインふたたび…2

(『蹴上インクラインふたたび…1』のつづき)

159011.jpg床下のぞきの続きで、車輪と台車の一部をアップで一枚。「蹴上インクライン…1」でも触れたように、車輪は両側面にフランジのある溝付き車輪で、軸で結ばれておらず左右は独立しています。バネなど緩衝装置のたぐいは、台車、軸承とも一切備えていません。

お碗状の輪芯に、4つの軽目穴を開けた形状で、見たところ一体鋳造のようですね。よく見ると、輪芯には銘らしい文字が浮き出ているのがわかりますが、残念ながら、何と書いてあるかはわかりませんでした。

159012.jpg
せっかく再訪したのだからと、過去に集めた現役時代の絵葉書と、同じようなアングルで写真をものしてみたくなりました。まず一枚目、南禅寺橋の上から、南禅寺船溜を望んで。

レールが沈みゆく水際には、葦らしい湿地の茂みと桟道が整備されており、かつてをしのぶ気満々の船頭からすると、少々具合の悪い環境です。

正面奥、噴水と重なって見えるカマボコ屋根の建物は、京都市動物園の休憩所である東屋。この建物の敷地には、現役時代は何が建っていたかというと‥‥。

159013.jpg
琵琶湖疏水の再舟航化成るか?」より再掲、「京都疏水【インクライン】」。少し上端が切れてしまっていますが、現在の東屋と同位置、水際の低いところには、こじんまりとした家のような建物が見えますね。

この建物、インクラインの動力室と運転室を兼ねた、いわば心臓部でした。一見したところ、東屋は、敷地はほぼそのまま、かさ上げしたような形で建っているようです。もしかすると、基礎などはそのまま流用したのかも、何か遺跡も残っているかしら‥‥と、期待させてしまうものがあります。

159014.jpg
詳しくは後ほど改めますが、運転室の位置から撮られた絵葉書があったことを思い出し、真正面からインクラインを望んでみたくなって、動物園に入園。目線は昔のそれより、だいぶ高くなってしまいますが、東屋からほぼ満足のいく眺めを得ることができました。

う~ん、申しわけないですけれど、水際が草ぼうぼう(?)なのは、やはり残念な気がしますねえ。インクライン跡を愛でるという意味では、水面に沈みゆく軌道のパートは、いわば肝心かなめの大切な部分。この位置から見ると、まるで放置されて、繁茂する草に呑みこまれつつあるように見えてしまいます。
撮影地点のMapion地図

159015.jpg
こちらが、かつての運転室近くから撮った絵葉書、「(京都名所)京都疏水インクライン」。南禅寺橋、左手の護岸が描く曲面や背割堤と、位置関係はほとんど変わっていません。二枚を見くらべながら目線でなぞってゆくのは、楽しいものですね。

今まさに、左側の軌道を舟を載せた台車が下ってきて、それを見た手前のもう一隻が、入れ替わろうと棹を突いているという、実にいい瞬間をとらえたものですね。右手下、木柵の間から手前に伸びるヒモ状のものは、滑車を経て運転室に至る、エンドレスワイヤーの一部でしょう。背割堤の先端に立つ、着流しカンカン帽の人物がうらやましい‥‥。今はもちろん、立ち入ることはできません。


(26年9月21日撮影)

(『琵琶湖疏水記念館にて…1』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 蹴上インクライン 琵琶湖疏水 絵葉書・古写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する