大島川水門の工事…2

(『大島川水門の工事…1』のつづき)

156011.jpg
近いうちにお別れと思うと、やはり撮っておきたくなる扉体と巻上機室。

更新がすでに終わった、兄弟分の亀島川・日本橋の両水門と違うのは、巻上機室両端に尖塔状の飾りがついて、少しオシャレをしていること。新設されるそれにも、何か意匠が施されるのでしょうか。

156012.jpg

156013.jpg右径間を抜けようとすると、クレーンを載せた台船が姿を現しました。日曜日なので動いていませんでしたが、平日は角落しをはめ込んだり、足場を組んだりと忙しかったことでしょう。

ブレてしまいましたが、右写真は表側の角落し。扉体の表面に、ホースが二本たらされて、内部の水を常時排水していました。



156014.jpg

156015.jpg搭載のクレーンは、キャタピラがついたまま台船の凹部にはまり込んだタイプで、側面に「常陸海事建設(株)」、「常陸122号」の文字が。ブルーの塗装もまだ新しくキレイ。台船も手入れがよいようで、そんなに古びた感じはしませんでした。

微速で離れつつ、振り返ってクレーンと水門のツーショットを。いつもくぐっているかぎりでは、痛んだところも見えないので、何かもったいないような気もするのですが、どんなカタチに生まれ変わるのか、楽しみではあります。
撮影地点のMapion地図

(26年8月17日撮影)

(『8月17日の天王洲運河』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大島川水門 大横川 隅田川 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する