6月14日の中防水路…3

(『6月14日の中防水路…2』のつづき)

154026.jpg中防大橋を振り返ると、逆光の中に黒く沈んで、街灯や道路標識のシルエットをくっきりと浮き上がらせていました。まだ7時前ですが、太陽もすでに高度を増して、日が長くなったことを感じさせます。

南岸のコンテナヤードを眺めながら進んでいると、西口近くで、フェリーバージが2隻、護岸にバウづけしているのを発見。東西に警戒船が出ているのを見ると、何か工事中のようですね。一昨年、春海運河で出会った(『12月2日のフネブネ』参照)のと、同じ船のようでした。

154027.jpg

154028.jpg

154029.jpg右手に中央防波堤の西端、赤い灯台を眺めながら、中防水路と別れて第一航路へ。航路から北風が入ってくるので、ときおり縮緬じわのような波紋ができるものの、水面はぬめりをおびたように穏やかです。

航路に出ようとしたら、出港してゆく曳船+バージと、入港する本船に出くわし、一旦漂泊して待つことに。爽やかな空と水面が舞台だからでしょう、一遍の絵のように素敵なシーンに思え、待ち時間も苦になりません。
撮影地点のMapion地図

154030.jpg
ウグイス色の本船がトランサムを見せてから、艇をスタートさせました。ズラリと並ぶ赤いキリンさんたちをバックに、これまた乙な眺め。

船名を見ると、「第八すみせ丸」、船籍港は尾道。舷側には「住友大阪セメント」と大書きされていましたから、「すみせ」は住友セメントの略であることはわかりましたが、何ともまた、意表をついた略し方ですね。昔、友人が「住友セメント、略してスミント。チチブセメントは略してチチント」などといって笑わせてくれたのを思い出してしまいました。ん? そういえば「ちち丸一号」(『11月3日のフネブネと川景色…5』参照)なんてのもあったなあ。

(26年6月14日撮影)

(『第一航路と大井埠頭』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 中防水路 東京港 曳船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する