臨海大橋を見にゆく…6

(『臨海大橋を見にゆく…5』のつづき)

2026.jpg中央防波堤の突端をかわし、ちょうど中防水路の入口に立つ、ひとりぼっちの橋桁に接近。(中防水路については過去ログ『中防水路…1』ほか参照)

南風が吹いたりすると、防波堤の外側は木っ端ブネにとってツライ水域になるのですが、この日は濃い曇天が味方してくれたので、きわめて穏やかです。

2027.jpg先ほど見たトラスが乗ることになる、主橋脚のひとつを間近で眺めて。

曇り空に加えて、海上には濛気が低く漂っているのか、空と水面の境界があいまいに感じられ、何かシュールな夢を見ているような、不思議な眺めでした。



2028.jpg以前、豊洲大橋の架橋現場を見たせいか、ずいぶん細身に感じられてしまうこの橋桁も、足元から見上げてみれば、それなりのボリュームが感じられます。

ん? 桁の下から何枚かのぞいている、板のようなものは何だろう?
向こう側に回ってみましょう。


2029.jpgほぼ正面から眺めると、橋脚はともかく、桁の幅の狭さが強調され、最近架けられた橋としては、やはり華奢な印象ではあります。

豊洲大橋では、架橋中の桁の断面に人面を発見したり(『春海運河スペクタクル…2』参照)しましたが、今回は残念ながら、人面要素はなし(笑)。




2030.jpg海側に回り込みました。
合計8枚が取り付けられた、桁側面の板は、桁と同色に塗られ、特に何かが書いてあるわけではありません。

看板でもなし、さて、どういった用途があるのでしょう。遮風装置の一種かしら?
撮影地点のMapion地図

(21年3月1日撮影)

(『朝潮運河に行ってみると…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東京港臨海大橋

コメント

お久しぶりです!

お久しぶりです。
こちらで続いていたんですね
ダブログサーバーの不調が随分と続いた様ですが、パドルさんが相変わらず水路航を続けていたのにはホッとした様な、嬉しい様な・・・

これが中防に出来た新しい橋ですか・・都内とは言え周りに比較対象が無い場所。なんとも不思議な雰囲気の画像になりましたね。

No title

避難所からやってきました!

みなさん、ボチボチやられているようですね。
また遊びに来ます。

No title

KenDoneです
ドブに戻れるかと思いながら仮設で運営してきましたが長引きそう?
閉鎖されそうなので本格的に住所を決めましたのでお知らせいたします
URLは以下です
http://aucklandtoday.blog113.fc2.com/
 
ノンビリとブログライフを出来た旧村を思いながら。。。
今後ともよろしくお願いいたします
KenDone

Re: お久しぶりです!

>blueさん
ご無沙汰しております!
お越しいただき、ありがとうございました。当面はこちらで続けようと思っております。
そうですね、やはり周りが荒涼としているせいか、スケール感に乏しいのが難点かもしれません。トラス橋は好きなほうなので、完成が楽しみです。

Re: No title

>medama1goさん
お元気そうで何よりです。皆さん移転先で、落ち着かれてきたようですね。
お暇がありましたら、またお寄りくださいね。

Re: No title

> KenDoneさん
お知らせいただき、ありがとうございました。FC2でもアカウントを取られたのですね。
村が罹災(?)して早一月半、何だかあのころが、遠い昔のようですね(笑)。
例の閘門の写真、楽しみにしておりますので…。お手数ですが、どうかよろしくお願いいたします!

こちらに居られましたか

■パドルさま。
お久しぶりです。
ドブではノーコメントながら、ほぼ毎日拝見していました。他の人のリンクで見つけて参りました。
よろしく。
ところでドブの「二月八日」以前のものが見られると書いておられますが、私もアクセスしてみましたが一日づつ呼び出すのですか。一覧で、ずらっと見られますか。
私はドブには丸五年いましたので、一覧で見られないと、記事の移動も無理ですね。
お教えください。
あなたの「カテゴリー」を見ますと、かなりありますが、「旧」ドブの記事ですか。 よろしく。

Re: こちらに居られましたか

>sohyaさん
いつもご覧くださり、ありがとうございます。

> ところでドブの「二月八日」以前のものが見られると書いておられますが、私もアクセスしてみましたが一日づつ呼び出すのですか。一覧で、ずらっと見られますか。
一覧でいっぺんに出てきました。量が多いと、ちょっと重くなるかもしれません。

> あなたの「カテゴリー」を見ますと、かなりありますが、「旧」ドブの記事ですか。
こちらは昨年4月より、Doblogに書いた記事のまとめ編として開設したものです。Doblogの記事を、そのまま転載したものはありません。

ハンドルネームを「外輪太郎」と仰言るのですね

■外輪太郎さま。
あなたの「ハンドルネーム」を「外輪太郎」と
称していらっしゃるのですね。
ドブ記事の移転のこと、よく判りました。
私の場合は、去年の夏以後のものは駄目です。
もうドブは自然消滅を待っている状態のようです。
「入力」の仕方も簡単で楽だったのですが。。。
また、いろいろ教えてください。

Re: ハンドルネームを「外輪太郎」と仰言るのですね

>sohya さん
> あなたの「ハンドルネーム」を「外輪太郎」と
> 称していらっしゃるのですね。
はい、そうです。従来どおりパドルでも結構です。
どうかお気を落とさず、新天地でがんばっていただければと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する