12月29日の綾瀬川…1

(『25年度川走り納め…3』のつづき)

141016.jpg
かつしかハープ橋の橋脚をかすめて、綾瀬川を遡上開始。主塔と幾多のワイヤーを仰ぐ爽快な眺め。‥‥あれ? 橋脚天端に見える、円盤状のかぶせものみたいなパーツ、以前はありませんでしたよね。

過去ログ「中川…1」を見てみたら、19年5月の時点ではありませんでした。数年前に工事の足場がかかっていましたから、その際に追加したのでしょう。

141017.jpg

141018.jpg左は荒川との間を分かつ背割堤、右はコンクリート護岸と首都高中央環状線のほか、目に入るものは青い空ばかり。まるで遠近画法の見本のような、綾瀬川下流部でなくては味わえない光景です。

ちょっと古典味風の鋼桁橋、四つ木橋を境に上流側は、右のコンクリート護岸が真新しい色に変わっているのがわかります。昨年2月に「2月10日の綾瀬川下流部…1」でも触れた、テラス化(?)工事区間が始まったのです。

141019.jpg

141020.jpgさて、進み具合は如何か眺めてみると、昨年2月は、首都高の料金所横あたりにいた杭打ち台船が、ずいぶん上流側に移動しているのがわかりました。コンクリートが打設され、オーバーハングのあるテラス状部分も伸びていて、順調に進んでいるようです。

綾瀬水門から下流では、テラス化工事が進んでいるのはここ、堀切避難橋~四つ木橋間だけのようですね。一見したところでは、今回の工事は基礎部分だけのようで、出入口の階段、柵などの施工は、まだまだ先になりそうな雰囲気でした。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『12月29日の綾瀬川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 綾瀬川 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する