臨海大橋に橋桁がかかる!

先日、MSNのニュースを見ていたら、【東京港臨海大橋】長さベイブリッジの2倍!架設工事始まるという見出しが目に入り、思わず身を乗り出しました。

記事によると、「22日、東京港の中央防波堤外側埋立地の海上で、現在整備が進められている『東京港臨海大橋』の最初の橋桁の海上架設作業が行われた。(中略)現場までは長さ95mの台船で海上輸送され、高さ123mもの巨大な3000トン吊り起重機船(フローティングクレーン)によって中央防波堤外側埋立地海上の橋脚に設置された。」とあり、「しまった! 見逃したか!」とくやしい気持ちに。

3000tのクレーンバージといえば、春海運河に架かる、豊洲大橋の架設作業に出動していたところへたまたま出くわし、大興奮させられた、これ↓
1081.jpg
深田サルベージの巨大クレーンバージ、富士に違いありません。(詳細は、過去ログ『春海運河スペクタクル…3』参照)あの、「超弩級」という言葉が具現化したような、たくましい雄姿を見逃したと知って、くやしさもひとしおでしたが…。

記事をよくよく読んでみると、「橋桁は大きく9つに分けられ、中央防波堤外側埋立地側からは今年3月10日に次の橋桁が架設される予定。9月頃には目玉でもある約6000-7000トンのトラス部分が、3台の巨大起重機船によって架設される。」
…おお、まだ何度か、チャンスはあるようですね。中央径間のトラス部分の架設には、三隻も出動するのか! これはもうクレーンバージ祭り じゃないですか! 何としてでも参加(イヤ、遠巻きに見るだけ)したいものですわ!

次回架設日の3月10日は、火曜日ですか。う~ん、仕事は休めそうにないですが、短時間でも、なんとかはせ参じてみたいものです。

過去ログの「臨海大橋の橋脚」ほかでも紹介しましたが、橋脚の工事から観察してきた橋だけに、橋桁が架かる瞬間は、ぜひこの目で見ておきたい…わが子の成長を見守る親のように…、といった清いものではなく、単に、物見高いだけなんですけれどね。
1082.jpg

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東京港臨海大橋 クレーンバージ 富士 深田サルベージ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国土交通省 東京港臨海大橋

臨海大橋に橋桁がかかる! 記事によると、「22日、東京港の中央防波堤外側埋立地の海上で、現在整備が進められている『東京港臨海大橋』の最初の橋桁の海上架設作業が行われた。(中略)現場までは長さ95mの台船で海上輸送され、高さ123mもの巨大な3000トン吊り起重機 ......