FC2ブログ

5月12日の川景色

123001.jpg5月12日は、浮雲の流れる青空の下、お客さまをご案内して、おなじみの水路をめぐってきました。以下、道々に眺めた川景色や出会ったフネブネを掲げます。

荒川を遡上していると、さっそく下ってくるエスエスNANO1と遭遇。ZEN船長、かなり遠くからこちらに気づかれて、手を振ってくれました。我が艇も汽笛吹鳴で答礼、ほんの一瞬ですが、気持ちのよい交歓をさせてもらい、嬉しくなったものです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください
123002.jpg
閘門様には、後続してきた艇と2隻で入閘。水位が下がって、扉が開くと…。

123003.jpg
屋形船とカヤック数隻が、すでに扉の前まで来て待っていました。水位低下化河川で、屋形船を見るのは珍しいですね。

123004.jpg
旧中川経由で北十間川に入り、小原橋、東武亀戸線と過ぎたところで電車の音がして、振り返っての一枚。おや、2人乗りのカヤックが一隻、続航してきますね。

123005.jpg
そしてスカイツリー。この日は夏日ながら、爽やかな風の吹く気持ちのよい晴天で、靄の少ない青い空に、羊の群れのような白い雲が流れていました。空の青さに真っ白な浮雲が映えて、本当にきれいです。

123006.jpg
横十間川との丁字流まで来ると、ちょうど一隻のカタマランがお客さんを満載して、十間橋をくぐり後進で出てくるところでした。

この好天ですから、さぞかし観光船も頻発されていることでしょう。北十間川には「東行き優先」のきまりも定められたことですし、安全を考えてさらに待機していると、やはりもう一隻出現、同じように横十間川を南下してゆきました。

123007.jpg
対向艇に注意しつつ、そろりと前進微速。おなじみの角度から仰いで一枚。

いや~、この雲のかたちと、澄んだ青空…。胸のすくような、とは、こういう空模様のことをいうのでしょうね。

123008.jpg
テラス工事いよいよ盛んな横十間川に入ると、美しいグリーンに塗り上げられた小型曳船を発見。整った船型ながら、操舵室の上半分のみ、微妙な手作り感があるのに惹かれます。

船名を見ると、「第20号縄定丸」。おお、古川に赤いフネブネをもやっている船宿、縄定さんの曳船でしたか!

123009.jpg
こちらのユンボ搭載台船も、縄定さんの持ち船みたいですね。

123011.jpg
ホールドに荷を満載して、ずっしりと船足を沈めた、東京製粉前にもやうバージ。

123010.jpg
扇橋閘門のかっこいいところを撮ってあげようと、ぐっと近づいて一枚。といいつつ、あまりかっこよく撮れなかった…。

逆光に輝く浮雲が、ちょうど扉体のバックにきたので、いけそうだと思ったのですが。

123012.jpg
隅田川に出て、都観光汽船の水上バス、リバータウンとしばらく併走。

船首が河水を切り裂き、船尾に後流が奔騰する航走シーンを、間近で堪能できる面白さ(前を見て舵を取れと!)。都大路の醍醐味であります。

123013.jpg
あっ、先日テラスでも見た、縄定さんの四角いオープン艇だ! こちらもお客さん満載でした。

123014.jpg
最後は、環状2号線の延長部、いずれ隅田川の新第一橋梁となる橋を造っている、現場の様子を間近から(『環状第2号線の橋脚工事…2』参照)。

水面上に組まれた巨大な足場の上は、変電設備や詰所、重機を載せるスペースとなっていました。橋脚の工事は、この奥で行われているのでしょう。


(25年5月12日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 荒川 北十間川 横十間川 小名木川 隅田川 扇橋閘門 荒川ロックゲート 閘門 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する