最狭水路完走に光明が差してきた(?)件

そうそう、大島川西支川で、ひとつ大切なことを思い出しました。「最狭水路を抜けてみたい!…3」でも触れた、福島橋南側の件です。

先日、連れがここを通りがかった際、何の気なしに撮ってきた写真を見て、「うおおお!」と思わず雄叫びを上げる物狂い一名。

122032.jpg
通れるぞ!!

まあその、現役艇であるからには、出航することもあるのはもちろんで、騒ぐようなことではないのですが、何分初めて見たもので…。
ほんのわずかな距離を、未踏破区間として長年放置しているだけに、やはりこの光景には、心穏やかならざるものがあるのです。

いや~、千載一遇のチャンスであったのに、惜しいことをしました!

122033.jpg
23年1月9日のお散歩時に撮った同所の写真も、参考まで掲げておきましょう。ああ、この狂おしいばかりの最狭ぶり、怖気をふるいながらも惹かれるという、相反する何とやらに言葉もありません(…という割には、ゴチャゴチャ語っているあたり)。

はやるあまり無理をして、地元の艇にご迷惑をかけては元も子もないので、ムチャはしますまいが、通ってみたい気持ちは、幾星霜を経ようと変わりありません。いずれチャンスをつかんで、大島川西支川完走をなしとげたいものです!
撮影地点のMapion地図

(25年4月28日・23年1月9日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大島川西支川 江東内部河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する