FC2ブログ

清澄排水機場のあたり…4

(『清澄排水機場のあたり…3』のつづき)

122027.jpg4本保存されている、上之橋の親柱を見てみました。ご覧のとおり、コンクリート+石材製の基部から、青銅風に塗り上げられたランプケース(?)まで中々凝った形で、現役時代は重要な橋であったことがうかがえます。銘板は漢字・平仮名とも、左横書きでした。

どんな橋だったのだろう、と、たびたび引用させていただいている「東京の橋」(石川悌二著)を開いたところ、ごく不鮮明な小さいものながら、タイドアーチらしい写真が載っていました。隅田川に面した第一橋のパターンに漏れず、下路式の橋で、一種の「目印の橋」として造られたのでしょう。竣工は昭和5年といいますから、震災復興橋の仲間ですね。この南にあった、中ノ堀の中之橋、油堀の下之橋と名前も揃って、いわば第一橋のトリオ的な存在だったようです。

122028.jpg

122029.jpg親柱の奥には、清澄排水機場の説明と、平断面図が掲げられていました。あっ、平面図の一番左、暗渠を横断する点線が描かれていますね! あれが「謎の土手」の下に埋まっている、管渠か何かを現わしているのでしょうか。

せっかくなので100mほど歩き、排水機場の東側…呑口も、清川橋から眺めてみました。ゴミよけの格子の前には、角落としをはめる溝を切った管理橋があり、右手には格子に溜まったゴミを掃除する、クレーンが備えられているのが見えます。

122030.jpg
清川橋から南詰のテラスに下りて、大島川西支川、松永橋を望んだところ。そういえば、この川にもずいぶんご無沙汰しているなあ…。南側は21年3月「最狭水路を抜けてみたい!…1」のシリーズ以来、永代通りの福島橋以北に至っては、19年3月の「大島川西支川…1」から訪ねていないというていたらく。

ご存知のように、福島橋の南で閉塞同然の状態で、川幅も狭く転回が難しいため、やはり、足が遠のいてしまうのでしょう。陸路では、ちょくちょくお散歩に来ているのですが…。

122031.jpg清川橋橋詰近く、ちょっとわかりにくい場所に、仙台堀川の歴史を記した説明板を発見。カラーの図まで入った、かなり詳しい記事ながら、掲げるところが地味過ぎて、もったいないような…。

名前の由来や開鑿・拡幅の経緯のみならず、東京運河土地株式会社による、旧砂町運河(『仙台堀川公園を歩く…1』参照)のことまで、きちんと触れられていたのが嬉しかったです。
撮影地点のMapion地図

(25年5月5日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 清澄排水機場 仙台堀川 大島川西支川 江東内部河川

コメント

No title

うわー、なんだか懐かしい地名がいっぱいだ。
1980年頃森下界隈に部屋を借りていて、清澄の区立図書館に自転車で通っていました。よく回り道して運河沿いに走っていたので、このシリーズの写真の箇所も通ったはず。

でも今は随分マンションが増えて景色も違っていてどこがどこだか良く分かりませんが懐かしいです。

Re: No title

>Lambdaさん
こちらにお住まいでしたか。街も水面も、30年前とは大きく変わったと思いますが、静かで素敵なところですね。これからも、ちょくちょくお散歩に来てみたくなりました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する