FC2ブログ

清澄排水機場のあたり…2

(『清澄排水機場のあたり…1』のつづき)

122017.jpgテラスに下りてみました。木製デッキ調の台あり、ベンチを兼ねた花壇や東屋ありと、下手な公園よりきれいに整備されていますね。これで眺めも良いのですから、まずいうことはありません。

ここは堤外地、大雨や高潮時の増水で、冠水することも少なくない場所です。しかし見たところ、どこにもそんな跡が見当たらないのが素晴らしい。関係者の不断の整備の賜物でしょう。

122018.jpg

122019.jpgそして清澄排水機場樋門。艇からは上り下りのたびに目にする、いわばおなじみの物件ですが、間近で眺めるのは初めて。側面の階段が思ったよりゴツい感じで、遠目に見た時の印象と違います。

排水機場の吐口であるからには、艇は通らなくとも水路が必要ということで、テラスは途切れて、I形鋼を桁にした簡単な橋がかけられていました。


122020.jpg堤防側面には、里程標が掲げられていました。道のりだけでなく、階段やお手洗いの位置まで、地図で示されている親切なもの。次の橋が見たくなって、どこまででも歩いていってしまいそう。

あれっ、現在位置に「仙台堀川水門」と書いてある! 旧仙台堀川水門は、排水機場建設時に撤去されたのですが…。実は、この樋門が「2代目」なのかしら?

122021.jpg何といっても楽しいのが、水路をゆくフネブネを間近で眺められること! しかも天下の大川、都大路とくれば、座って呆けていても飽きさせないほどの通船量があるのですから、なおさらです。

腰かけて一服していると、さっそく一隻のバウカディ艇が、プレーニングで飛ばしてきました。フェンダーの付け方や、救命浮環をハンドレールにくくりつけているところを見ると、プレジャーでなく、業務艇かもしれませんね。

(25年5月5日撮影)

(『清澄排水機場のあたり…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 清澄排水機場

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する