光射す高架下水路・古川…3

(『光射す高架下水路・古川…2』のつづき)

120056.jpg将監橋上流から赤羽橋に至る区間は、芝公園のある台地を避けるように、河道は南側へ凹状に屈曲するのですが、最初のS字カーブの終わりに架かっているのが、日比谷通りを渡す芝園橋。

橋自身はそう古くなく、桁裏(下写真)もまだ塗装の肌がつやつやとしてきれいで、塗り替えて間がないことを感じさせます。水面から見たかぎり、親柱は戦前風のデザインだったので、あるいは先代橋のものを流用したのかもしれません。

120057.jpg

120058.jpgS字カーブから短い直線区間に入ると、右手には護岸の上に、土を露出した地山の盛り上がりが見られ、わずかながら、川面より台地の存在を生々しく感じることができる区間。

そういえば、芝公園には、芝丸山古墳があるんですよね。太古の昔にも、芝の岡の上から、この古川の流れを見下ろしていた人がいたんだなあ…。その人たちも、舟でこの川を移動していたのかしら? などと、あれこれ妄想。

古くから、常に人の手が入ってきたとはいえ、いにしえの姿を比較的濃くとどめる、その名のとおり古い歴史を持つ川なのだと、改めて認識させることではあります。

120059.jpg
台地南端を避ける直線区間も、ほぼ終わりに近づき、第二のS字カーブにさしかかったところで…おお! 

高速の本線と出口の間から陽射しが差し込み、右手にはきれいな一本の線を描き、加えて左手のそれは、桁裏に反射してゆらゆらと水紋を映し…と、ちょっとした光の造形を演じてくれました。

120060.jpgもう少し遡上し、出口の桁が左に去ったあたりでは、河道の半分を陽光が占め、艇のハンドレールや甲板に照り返して、光で満ちあふれたシーンを現出することに。高架は群を抜いて低く、昼なお暗い「高架下水路の極北」などと、いつぞやキャプションをつけてしまったことが、恥ずかしくなるほどでした。

まこと、かつえてこそわかる光の素晴らしさ、ありがたさ。頭上を覆う高架があってこそ感じられる、光と影がおりなす美しさ…といったところでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(25年5月4日撮影)

(『光射す高架下水路・古川…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 古川 高架下水路 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する