モノレールの橋脚が…

(『新「みやこどり」就役』のつづき)

120021.jpg京浜運河に入り、モノレールと首都高が水面上を走る区間に入って、一つ気づかされたことが。

以前通ったときは、台船が出て補強工事をしていたモノレールの橋脚群、今回見るとすっかり工事成って、追加部分の真新しいコンクリートの肌が、陽光を反射して白く輝いていました。



120022.jpg

120023.jpgよく見ると、基礎の部分の四周に、持ち送り金具のようなものがずらりと取り付けられ、そこの先からワイヤーが水中に向かって垂れている…。何でしょう、フェンダーにしては妙ですね。

右写真の橋脚も、梁と基礎の部分に補強が施されたようです。首都高のそれは、だいぶ前に一段落つきましたが、モノレールも開通して半世紀近く、しかも海に近いものが多いだけに、維持管理も気を遣うことでしょう。

120024.jpg京浜運河を快調に飛ばし、平和島運河の澪筋区間をなぞっていたら、先行していた艇に追いつきました。港湾局の監視船、「いそしぎ」です。

ちょうど引き波を乗り越えたところで、派手にしぶきが上がり、風に白く舞っているダイナミックなシーンをとらえることができました。



120025.jpg
「いそしぎ」に追従して、羽田可動橋を仰ぎつつ、海老取運河へ進入。白いウェーキと逆光に沈む可動橋、なかなかよいものです。

「いそしぎ」は、海老取運河に入ったところで180度回頭し、元来た道を帰ってゆきました。平和島運河までが、巡回範囲なのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(25年5月4日撮影)

(『5月4日の海老取川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 京浜運河 平和島運河 羽田可動橋

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する