FC2ブログ

謎の切合水門…2

(『謎の切合水門…1』のつづき)

112006.jpg

112007.jpgブロックできれいに固められた高水敷に降りて、表側の表情(上写真)を…と思ったのですが、残念ながらほとんど逆光。堤防越しに、切合(でいいと思うのですが)の集落の家並が見えています。

ズームでたぐって、梁側面に掲げられた銘板を観察すると…。おや、切合の切の字が、どう見ても土偏になっています。「功」じゃないですよね? 


112008.jpg扉体はローラーゲート、径間わずか2.6mとあって、桁の数も少ないシンプルなものです。錆はあまり目立ちませんが、塗装は色あせところどころ剥離して、少々くたびれた風情。

扉体は全閉されているようですが、それともわずかに開けて、少量の導水をしているのでしょうか。水没している部分は、扉体の寸法から考えて半分とないようですから、水深は1.5mより浅いのでしょう。

112009.jpg水門前の水面は、葦原が切り開かれていることからも、定期的に浚渫・草刈りの手が入っているのでしょう。気になったのはやはり、目の前の浅瀬に沈む小舟。

一瞬サッパかと思いましたが、船尾に外艫があることから、別の種類の和船のようです。コーティングされているせいで、沈んだ後も朽ちずに形を保っているのでしょうが、開の口から繁った草がそよぐ様子は、いかにも物悲しい風景です。この他にも、葦原の中に廃舟が見られたので、かつては切合水門も、それなりの通船量があったのかも…と妄想。

112010.jpg
で、なぜタイトルに「謎の」を冠したのか…といういわくを、ようやくご覧に入れる運びとなりました。
この切合水門、エンマ側にもう一つ、水門があるからです! 

水門が一本の水路に、二つ並設されているのを知れば、そう、妄想するのはただ一つ!
これ、閘門なんじゃないかということ。

ここは「知られざる閘門」なのか? 十六島の出入口は大割加藤洲仲江間浪逆浦の4閘門のみならず、5つ目がここなのか? いざ、検分とまいりましょう。


(25年1月2日撮影)

(『謎の切合水門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 切合水門 水郷 常陸利根川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する