12月9日の閘門様

111001.jpg12月9日は、江東内部河川の水位低下化エリアを巡ってきました。スカイツリー開業を契機に、テラス化工事が加速して変貌著しい北十間川を久々に通しで――特に長らく通航禁止区域だったものの、最近になって解禁された京成橋以西――すなわちスカイツリーのお膝元の区間を、走ってみたくなったからです。

今回は、「新・鉄子の旅」の取材時にお世話になった、ウエダショウコさんと旦那様、ウエダさんのお友達である村井美樹さん、そして佐藤淳一氏との水路行(『水門先生と江東運河地帯…1』ほか参照)以来の参加となったF記者と、4名のお客さまを迎えて、賑やかに出港です。

快晴とはなったものの、最高気温10℃を切りそうな寒さ、しかも少々風が強いという厳しい中、ご参加くださる方々となれば、いずれ劣らぬつわもの(?)揃い。皆さん防寒装備バッチリで、寒さをものともせず川景色にカメラを向けては、盛んにシャッターを切られていました。

111002.jpgしぶき厳しい荒川河口を後にして、閘門様に到着。冬のシャープな陽射しを浴びて輝くゲート、いつもより3割増し(当社比ならぬ船頭比)の格好よさ! 上げ潮に加えて、朝のうちはやや強い南西風で、上流側への流され方が半端でなく、斜めになってねじ込むように入閘。

すでに村井さんがAmebaなうこの記事この記事)で実況(!)されたので、ご存知の方もおられるかと思いますが、この日は特に満足が深かったので、しばしお付き合いください。何しろ…。

111003.jpg
このくらいあった水位が、 

111004.jpg
ここまで下がったんですから!

2.4mでしたか、イヤ~、潮の高い日に入ると、誉めてやりたいほど(意味不明)の下がりっぷりで、ついでに溜飲も下がりまくり! 同乗の皆さんにも、閘門様の晴れ姿をご覧にいれることができて、何よりでした。

※「閘門様で遊ぶ?」のときと、全く同じパターンのはしゃぎ方をしていますが、気にしないこと。

111005.jpg旧中川に入ると荒川の厳しさから一転、低さのお陰で風もやわらいで、皆さんもホッとされた表情。カヤックやレガッタと反航しながら、微速で穏やかな水面を北上します。

向こうにスカイツリーをのぞかせるふれあい橋も、抜けるような青空と陽射しのせいでいいお顔です。さて、北十間川はどんな塩梅でしょう、最近は工事で閉塞していたりして、東端から通しで走るのは久しぶりですから、実に楽しみであります。
撮影地点のMapion地図

(24年12月9日撮影)

(『変わりゆく北十間川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 荒川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する