12月2日の川景色…2

(『12月2日の川景色…1』のつづき)

110036.jpg新芝運河に入ったら、北口近くでさっそく、ユリカモメさんたちが手すりにズラリと並んでお出迎え。艇の接近に驚く様子も見せず、いっせいにこちらを向いて、カメラ目線で写真に収まってくれました。

水鳥の姿は冬の水路の風物詩、水面には鴨たちもあちこちに見られ、トリ好きには嬉しい季節でもあります。



110037.jpg

110038.jpg毎度おなじみ豊洲水門。引き続き整備が行われているようで、この日は右の径間、「No.1」と書かれた扉体が閉鎖中でした。水門の電光掲示板には「一方通行」とあり、開いている左径間の信号は、赤になっています。

以前と同様、信号管制の交互通行ということですね。海洋大学側の堤防に「一号水門閉鎖中」の看板が掲げられたのは、貯木場跡の水路から進入してくる艇に、注意をうながすためでしょう。

23年度川走り納め」や、「2月18日の運河風景…2」のときのように、放送で誘導してくれるのかしらと期待したのですが、残念ながら水門君、今回は黙して語りませんでした!

110039.jpg

110040.jpg最後は曙北運河、貨物線の鈑桁橋をくぐりざまに一枚。割と潮位が高い日だったので、頭上に迫る桁裏にすり抜け気分が刺激されてカメラを向けたのですが、ううむ、いまいちだった…。

ご覧のとおりの地味な橋ですが、この付近では数少ない、桁裏のリベットが堪能できる古い橋、しかも低いとあって惹かれるものがあり、桁に触れつつくぐったことも数知れません。あとは一度くらい、レール運搬列車がこの橋を通るところに、出くわしてみたいものですねえ。
撮影地点のMapion地図

(24年12月2日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新芝運河 春海運河 曙北運河 豊洲水門 橋の裏側 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する