FC2ブログ

柳川堀割めぐり…14

(『柳川堀割めぐり…13』のつづき)

109106.jpg
おおお、これはもしかして、純粋な木造橋では…。「へ」の字の桁、帯金で組んだ高欄は飾り気のない簡素なものながら、天端を四角錐に削った親柱も見えます。

地図で名前を確かめると、壇平橋といわくありげな橋名。その向こうには、往路にかすめてきた並倉も見えてきました。並倉のことを考えに入れて、木橋を残したのだとしたら、なかなか粋な計らいですね。

109107.jpgブレてしまったのが悔しいですが、純粋木橋の裏側を舟上から眺める機会はめったにありませんから、あえて掲げます。いや、鋼製の部材がまったくない、混じりっ気なしの木の橋なんだ!

4本ある橋杭を両側から水貫で補強し、杭上端に乗せた角材の梁と、その上に固定した持送りで支えられた丸太の桁。桁や橋杭が、皮をむいたそのままの荒削りな丸太で、カスガイをまさにブチ込んで組んであるのも感動です! 持送りの当たる部分の桁は、天地をタイコに削って、平らな面を作ってから組んでいるようですね。

109108.jpg壇平橋をくぐれば、並倉と再びのご対面、さっきはちょっと遠すぎるなと思ったら、今度は鼻先にレンガの壁がそびえるほどの接近ぶり。なかなかいい塩梅にいきませんが、夕日を浴びて赤みを増したレンガは本当に美しく、これも感動。

こうして近くで眺めると、3棟あるうちの真ん中あたりが、はらみ出したようにふくらんでいるのがわかりました。水辺に建つものゆえ、維持管理が難しい点もあるでしょう。私が立ち上がったのを見た船頭さん、「さあ、遠慮なくどんどん撮ってくださいね!」は、はい…そりゃもう遠慮なく撮らせていただきます!

109109.jpg
棟と棟の間に、チョコンという感じで乗っかった小さな木の屋根が気に入って一枚。夕日のくれた赤味と、バックの雲ひとつない空の青さ、むしろ夕方に来れて、よかったかもしれません。
撮影地点のMapion地図

109110.jpg並倉を過ぎたあたりの岸で、あっ、さっき「柳川堀割めぐり…7」で出会った、3羽の鴨さんたちが! トリさん的にはもうおねむの時間なのか、メス2羽は翼の間に首をつっこみ、お饅頭のように丸くなってお休みの体制。タマラン可愛らしさです。

しかし、メスたちが休んでいる最中も、オスは浅い水際に立って、警戒怠りない風情。ビロードのような羽毛の美しさも手伝って、その凛々しさはあたりを払う威厳さえ感じられました。


(24年11月3日撮影)

(『柳川堀割めぐり…15』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 外堀 柳川川下り 柳川市 水辺の鳥たち 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する