福岡の水上バス…2

(『福岡の水上バス…1』のつづき)

109006.jpg船着場に着くと、第一便にもかかわらず、すでに何人か先客が並んで待っており、人気のほどがうかがえました。船から降りてきたガイドさんから切符を買い、まだ出発まで少し時間があるので、周りをうろうろすることに。

看板が左右に分かれているのは、この船着場が2船社共用で、右のものは能古島通いの別の船社のものだからです。この船には、後ほど出会うことになりました。

109007.jpg
階段の上から改めて、ベイサイド・サファイア号を眺めて。甲板上にはコンソールのほか、さえぎるものはほとんどなく、眺望はよさそう。甲板面積にくらべて座席が少なく、フラットを広く取ってあるのが印象的ですね。

前方の席にのみ、両舷に透明なアクリルのブルワークが備えてあるのは、強風時のしぶきよけでしょうか。川だけでなく港内にも出るため、飛沫が船上を襲うこともあるでしょう。

109008.jpg船着場は、よく見られる多段式の岸壁ですが、東京のそれがせいぜい2段なのに、こちらは3段…いや、4段ありますね。しかも一段の高さが、割と低く造ってあるようです。

博多湾の干満の最大値は、関東とそんなに変わらない2m前後のはずなので、乗り降りに支障のないよう、気を配った設計をされたのでしょうね。


109009.jpg船着場のすぐ近く、であい橋の上流には、数隻の屋形船がもやっていました。東京なら、自前の桟橋をあつらえて横付けするところですが、こちらは河中から控えを取って、岸から離しています。

河川繋留であれば、船首を上流側に向けて、流れに逆らわない繋ぎ方をするのが普通と思っていたので、河道と直角にもやう屋形船は、ちょっと新鮮でありました。流速が緩いのかな?

109010.jpg
出発時刻も近付いたので、船に乗り込んで一番前の席に陣取り、コンソールを一枚。レバーから見ると2機がけで、立派な木製のラットが目を引きます。

あれっ、この入れ子になった構造、もしかして…。これは後で実演されて、「やっぱり!」と膝を叩くことになりました。

(24年11月3日撮影)

(『福岡の水上バス…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 那珂川(福岡市) 福博みなとであい船 水上バス 福岡市

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する