城南島の水辺風景

101001.jpg前後しますが、6月10日、第一芝浦丸(『第一芝浦丸のディテール』参照)を見た後は、城南島にある海浜公園に立ち寄ってみました。

到着したのがすでに夕方といってよい時間帯で、おまけに雲行きも怪しくなってきたため、少々薄暗い空の下でのお散歩となりましたが、いつもは沖を通っているところを陸側から眺めるのはやはり面白く、短時間ながら楽しい散策でした。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください
101002.jpg城南島海浜公園は、東京港第一航路に面した埋立地・城南島の北東・南東岸に造られた人工海浜のある公園で、場所柄入出港するフネブネや、南にある羽田空港に離発着する飛行機も眺め放題という、乗り物好きにとっては嬉しいところ。

案内板を見ると、ちゃんと船や飛行機が見られるむねをうたってあるのが千両。人工の浜は、「つばさ浜」と名付けられているのですね。空港が近いことにちなんでの命名でしょうか。

101003.jpg
さっそく「つばさ浜」に繰り出してみました。今にも泣きだしそうな空模様とはいえ、涼しい海風が吹き抜ける開けた水辺に立つと、爽快でよい気分です。

日曜で、日中は快晴の夏日だったとあって、この時間帯になっても人出は多く、家族連れやカップルで賑やか。もっとも広大な浜に出てしまえば、混んでいるという感じはあまりしません。砂に足をとられつつ、見たいものに向かってザクザクと前進。

101004.jpgで、やはり気になるのが南側、羽田空港と着陸誘導灯の望めるところ。ここは不思議な水面で、京浜島の北岸の線を東に延長したところまでが「京浜南運河」ということは以前も触れましたが、この西側、京浜島・城南島の間は建材埠頭まである立派な本船航路ながら、運河名は付けられていないいわば「名無し水路」です。

京浜運河や多摩川方面に向かう際、よく通るなじみの水路で、陸側から眺めるのは初めてとあって感慨深いものが。船が来ないかしら、と期待していると…。
撮影地点のMapion地図

101005.jpg
漁船…釣船が何隻か、結構なスピードで白波を立てて横切ってゆきました。釣り客も、もう竿を納める時間ですものね。帰る先は勝島運河でしょうか。

暮れゆく空と着陸誘導灯をバックに、家路を急ぐ釣船たち、絵になります。

101006.jpg
そして何より、頭上を圧して降りてくる飛行機たち! 歩いている間にも、ひっきりなしにジェットの轟音が聞こえ、脚のタイヤが見えるほどの低さで、フラップを下ろして高度を低めてくるさま、もう大迫力。

101007.jpg望遠レンズをつけた一眼レフを構え、飛行機を狙う人もちらほら見られ、案内板の文句にたがわず航空ファンの撮影スポットであることが実感できました。いや、ファンならずとも、この迫力は堪えられない魅力でしょう。

着陸シーンのみならず、はるか向こうで腹に響くような爆音が聞こえると、今度は離陸シーンも望めるという、まさに絶好の環境。フネブネの姿も間近に見られたのですが、ズームでたぐり寄せ、また戻して引いてと、そっちのけで飛行機を追ってしまうあたり…。

101008.jpg
翼端や脚に鈍く灯火を光らせて、滑走路へ姿を消してゆくこの旅情あふれる眺め。その向こう、はるか彼方に先端が見える塔は、鶴見つばさ橋かしら。

日はとっくに落ちて、雲も厚く宵闇が迫る時刻だっただけに、かえって灯火がよく映え、ムード満点なシーンが満喫できました。

101009.jpg
さらに暗くなって、機影が文字どおりほとんどシルエットになっても、立ち去りがたいものが…。水辺を訪ねたのか、飛行機を見に来たのか、わからなくなるようなおそまつでした。

(24年6月10日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 城南島海浜公園 京浜南運河

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する