FC2ブログ

霞ポート水門と管理橋…5

(『霞ポート水門と管理橋…4』のつづき)

92046.jpg
橋台に降りて、支柱の根元を観察してみると、桁側面に凹形の金具がボルト付けされており、支柱のレールにはまる格好になっていました。

凹形金具には、特にローラーなどは備えられていないようでしたから、橋が上下する際、軽く左右方向の振れ止めをしている程度で、あまり大きな力はかからないのでしょう。

92047.jpg降りたところの桁側面にはちょうど、銘板が掲げられていました。79年2月竣工、三井造船の建造とのこと。銘板の左、橋台との間にスリットが空いているのもよくわかりますね。

しかし、可動機構部分についての記載はなし。水門同様、どこか他のところにもう一枚、可動機構を施工したメーカーの銘板があったのかもしれません。


92048.jpg面白く思ったのは、4本の支柱すべてに凹形金物がかかっていたわけではなく、単なる平板のスライダーシューとされているものもあったこと。

写真は東側の信号付き支柱ですが、水門側は凹形金物で、反対に西側の水門側は平板でした。つまり、同じ型の金物が、点対称に配置されていたことになるわけです。このことからも、振れ止め以上の役割ではないことが実感できました。

92049.jpg
以上のことから、この管理橋は、水平にせり上がっていくタイプの可動橋であり、信号は桁の上昇時に、通行車輌や人を止めるものであることがわかったわけです。

せり上がるといっても、水門の扉体があるため、その下端と同レベルまで上がれば用をなせるのですから、実にささやかなもの。上下する高さは、2m強といったところでしょうか。

92050.jpg素人考えでは、橋の方をもっと高い位置に架ければ済むように思えるのですが…。可動橋を選択した理由は、どのあたりにあったのでしょう。取り付け道路の長さや勾配、予算などの関係から、橋を動かした方がベターであると判断されたのでしょうか。

また何より、橋がせり上がらなければならないだけの、高さを持った船がこの船溜に出入りしてこその可動橋ですから、どんな船の存在が、この橋を可動橋たらしめたのかも気になります。まあ、このあたりは意外と、「水の交流館」に展示されていたりするのかもしれませんが…。

しかし、面白いですね! お役所のものとはいえ、いち船溜の入口に架かる小橋梁が、結構なメカニズムを備えた可動橋だったなんて! こんな思いもよらない出会いや発見があるので、水郷地域の探訪はやめられないのです。


(24年5月4日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 霞ポート水門管理橋 霞ポート水門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する