fc2ブログ

4月7日のお花見徘徊…2

(『4月7日のお花見徘徊…1』のつづき)

315021.jpg
これは要津橋附近、南岸の一群。いや、見事に満開です。大横川と違い枝まで高さはあるものの、咲き誇るこの物量が長い距離に渡って続く目黒川、川筋をたどるにつけオーラを浴びるような感じ。まだ雲が濃いので、写真の仕上がりにいま一つメリハリがないのが、残念ではあります。

315022.jpg
森永橋下流、大崎ゲートシティを望むこのゆるい屈曲のあたりも、木々は小ぶりながら並木が一望できて、ビル群をバックになかなか爽快な眺め。

引き波の反射波でバウが振られ、桜に目を奪われていると基礎護岸に衝突しかねないため、気が抜けないのが玉にキズ‥‥。下航してくるカヤックもあって、文字どおり翻弄されお気の毒でした。

315023.jpg
池上線五反田駅の高架を望むあたりの満開ぶり。ふれあいK字橋、橋名を書いた横断幕を掲げたのですね。

横断幕といえば、橋の高欄にいくつも「ようこそ目黒川へ!」「またのお越しを!」(『目黒川をのぞいてみると…3』参照)と掲げて、上下するフネブネを歓迎してくれたの、すごくよかったと思うんですが‥‥やってくれなくなりましたね。この件、目黒川でお花見するたび、何度も同じことをいってしまうなあ‥‥すみません。

315024.jpg
上の写真で、ふれあいK字橋の右手に見える「引き波禁止」の標識を掲げた桟橋構造物は、五反田船着場です。大崎橋広場に併設される形で、令和元年12月に竣工していたもの。

目黒川に入っても、途中で引き返したりしてここまで到達していなかったこともあり、竣工実に5年目で弊ブログでは初登場。ご覧のとおり、立派なポンツン桟橋を備えた船着場です。これを含めると目黒川可航区間の新設船着場は、3つになったわけです。

315025.jpg
ここを通ったら撮らずにゃおれない、五反田大橋北詰の「地下鉄地下水」(動画はこちら)。

この日は干潮時だったこともあり、吐出された水が基礎護岸に注がれ、盛大な音とともに派手なしぶきをあげており、元気いっぱいな感じがして何よりでした。
撮影地点のMapion地図

(令和6年4月7日撮影)

(『4月7日のお花見徘徊…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 目黒川