fc2ブログ

さようなら、船の科学館本館

(『3月10日のフネブネ…4』のつづき)

314021.jpg
3月10日のフネブネ…3」で東京海上保安部をのぞいたのはついでで、船の科学館本館に、水上から別れを惜しみに訪ねていたのでした。

船の科学館、“船”の本館が2月から解体 別館と屋外展示は公開終了」(Impress Watch

平成24年9月の休館(『船の科学館、9月末で休館に』参照)、"ミニ展示場"への規模縮小以来、再起を念じてきましたが、ついに解体に取りかかるとの報を聞いて、お別れに来たのです。

314022.jpg
船橋周りのアップ。屋上についているレーダーの画像がリピーターで見られたこと、実物さながらにウィングがあって、眺望と開放感を楽しんだことを思い出します。

小学校の社会科見学から始まって、艦船に興味を抱くようになり、さらに和船ファンになってと、成長し訪ねるたびに展示物の充実ぶり、展示手法の見事さを感じてきたものでした。

314023.jpg
この日は抜けるような青空で、光線の具合もよろしく、白亜の"船体"が感動的に映えて、涙ぐむような最高の好天下。

今後の展示は「宗谷」のみとなり、東京灯船の灯器や、装甲巡洋艦ナヒモフの砲などの屋外陳列の展示物、別館ともども工事に入って、見学できなくなるとのこと。膨大な収蔵品や資料はどうなってしまうのか、移転先は決まっているのか‥‥続報を待ちたいところではあります。

314024.jpg
マストトップ(?)の展望台をズームでたぐって。タイトルに掲げた画像の一瞬前に撮ったものです。ここも、あそこも‥‥各デッキに、各展示室に、それぞれ思い出があって、その日そのとき目にした光景がフラッシュバックするばかりで、言葉になりません。

314025.jpg
第一航路へ出て、正面からの姿を一枚‥‥と思ったら、東八潮緑道公園の緑に隠されて、"船体"部分が見えなくなっていたのを忘れていました。水上から全体像が拝めるのは、今やごく限られた角度でしかないのです。

周囲の埋め立てが進み、北側にビルが立ち並び、そして南側にはクルーズターミナルと桟道ができて‥‥と、東京港に浮かぶ巨大客船さながらのスタイルを意図して造られた本館も、周りが建て込んでくるにつれ、その外観の意義が次第に薄れていったように思えなくもありません。かつてのある種荒涼とした、地先感濃厚な環境こそが、巨船を擬した本館のもっとも輝いていた時代だったのかもしれませんね。

(令和6年3月10日撮影)

(『3月10日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 船の科学館有明南運河