fc2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和6年4月~6月のご案内

36_0006.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は四年前より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。
当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、平成20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、平成21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。
ツイッターアカウント「水路さん(@suiro_kun)」で、水路のことに限らずさまざまなよしなしごとを垂れ流しております。よろしければどうぞ。

【タイトル画像ほかの更新履歴】
【4月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。船の科学館本館、マストトップの展望台をアップで。令和6年3月10日撮影。

4月7日のお花見徘徊…2

(『4月7日のお花見徘徊…1』のつづき)

315021.jpg
これは要津橋附近、南岸の一群。いや、見事に満開です。大横川と違い枝まで高さはあるものの、咲き誇るこの物量が長い距離に渡って続く目黒川、川筋をたどるにつけオーラを浴びるような感じ。まだ雲が濃いので、写真の仕上がりにいま一つメリハリがないのが、残念ではあります。

315022.jpg
森永橋下流、大崎ゲートシティを望むこのゆるい屈曲のあたりも、木々は小ぶりながら並木が一望できて、ビル群をバックになかなか爽快な眺め。

引き波の反射波でバウが振られ、桜に目を奪われていると基礎護岸に衝突しかねないため、気が抜けないのが玉にキズ‥‥。下航してくるカヤックもあって、文字どおり翻弄されお気の毒でした。

315023.jpg
池上線五反田駅の高架を望むあたりの満開ぶり。ふれあいK字橋、橋名を書いた横断幕を掲げたのですね。

横断幕といえば、橋の高欄にいくつも「ようこそ目黒川へ!」「またのお越しを!」(『目黒川をのぞいてみると…3』参照)と掲げて、上下するフネブネを歓迎してくれたの、すごくよかったと思うんですが‥‥やってくれなくなりましたね。この件、目黒川でお花見するたび、何度も同じことをいってしまうなあ‥‥すみません。

315024.jpg
上の写真で、ふれあいK字橋の右手に見える「引き波禁止」の標識を掲げた桟橋構造物は、五反田船着場です。大崎橋広場に併設される形で、令和元年12月に竣工していたもの。

目黒川に入っても、途中で引き返したりしてここまで到達していなかったこともあり、竣工実に5年目で弊ブログでは初登場。ご覧のとおり、立派なポンツン桟橋を備えた船着場です。これを含めると目黒川可航区間の新設船着場は、3つになったわけです。

315025.jpg
ここを通ったら撮らずにゃおれない、五反田大橋北詰の「地下鉄地下水」(動画はこちら)。

この日は干潮時だったこともあり、吐出された水が基礎護岸に注がれ、盛大な音とともに派手なしぶきをあげており、元気いっぱいな感じがして何よりでした。
撮影地点のMapion地図

(令和6年4月7日撮影)

(『4月7日のお花見徘徊…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 目黒川

4月7日のお花見徘徊…1

(『3月31日の咲き具合』のつづき)

315016.jpg4月7日のお花見本番です。天気がよくないことは一週間前から報じられていましたが、朝起きてみると果たして雨‥‥。とりあえず母港に出かけ、クルマの中で仮眠をとりながら待っていたら、8時ごろには止んで、曇り空ながら明るんできました。しめた! 出港しよう。

船内やクラブハウスで待機していたオーナーたちも次々と動き出し、オーニングを畳んだりもやいを解いたりと、がぜん賑やかになってきました。

315017.jpg
ジブチ向け巡視艇を見た道々にある、潮見運動公園北岸の桜。いや、見事に満開。これなら他所も大いに期待できそうです。

315018.jpg
今回は、込み合わない早い時間帯のうちに目黒川に向かおうと、港内を横断、京浜運河へ。港南緑水公園の一群も大いに咲いて、きれいですね。水面に張り出しているわけではありませんが、ボリュームが幸いして運河上からでも見応えがあります。

315019.jpg
アイル橋下流から見た、お久しぶりの目黒川河口です。空はだいぶ明るんで、ぼつぼつ青空ものぞけるようにはなったというものの、晴天というにはまだしの感。写真には写っていませんが、左手、東品川公園も桜が咲いていて、人出も多く賑やかでした。

混雑する前に‥‥とはいったものの、すでにプレジャー1隻、PWC3隻の先行艇があって、川面は引き波で結構な荒れ具合。まあ、せっかく来たのですから、続航させていただくとしましょう。

315020.jpg
第一橋、昭和橋の下から上流側をのぞくと、おおお、期待にたがわない満開ぶりとこの密度。引き波の反射波で、艇が跳ねて右へ左へと振られるのは落ち着かないものの、これは楽しめそう。雨が止んでよかった。

目黒川にはご無沙汰していたとあって、道々いくつかの変化も目につきました。桜とともに、次回以降垂れ流してゆきたいと思います。
撮影地点のMapion地図

(令和6年4月7日撮影)

(『4月7日のお花見徘徊…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲北運河京浜運河目黒川

3月31日の咲き具合

(『運河の給油所、解体』のつづき)

315011.jpg
さて、本題のお花見とまいりましょう。まずは3月31日から。都内各地の開花情報からして満開はまだ先、この日はまず様子見と思って出かけました。

平久運河から入ろうと白妙橋をくぐろうとしたら(失敗動画はこちら)、海上保安庁の複合艇が十字流を東航してゆくのに出くわしました。海保艇にこちらで出会うのは珍しいですね。お花見シーズンとあって、行逢艇、同航艇ともふだんに数倍するので、通い慣れた水路とはいえ気が抜けません。

315012.jpg
東富橋をくぐって大横川に入ると‥‥まあ、予想できたことながら、枝に花弁の色はほとんど見られず。とはいえ都内は開花宣言後、ちょっとは咲いているだろうと、護岸工事の鋼矢板が途切れたところで、右に寄せてよーく観察してみると‥‥。

315013.jpg
うむ、ポツリ、ポツリ‥‥一分咲きにも届かないレベルですが、咲いていますね。日焼けが気になるほどの上天気に20℃超の気温とくれば、3~4日もすれば満開になりそう。

315014.jpg
目の高さまで垂れた枝を眺めると、ほとんどの蕾が開いていて、あと少しといったところ。毎年のことながら、このはち切れそうな時期って、どこか健気な感じがして惹かれるんですよね。さすが大横川、河畔は陽当たりもよいとあって、順調のようであります。

315015.jpg黒船橋船着場まで来ると、お客さんを満載したエスエスNANO1が出現。舵を取るのはやはりZen船長! 「行ってらっしゃ~い!」と声をかけると、お客さんと一緒に手を振って応えてくれました。

この後調子に乗って越中島橋で反転、「和船友の会」の皆さんに下手な艪漕ぎを披露していたら、戻ってきたエスエスNANO1と再行逢。お客さんに訝しげな顔をされてしまったお粗末でありました。
撮影地点のMapion地図

(令和6年3月31日撮影)

(『4月7日のお花見徘徊…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 平久運河大横川江東内部河川

運河の給油所、解体

(『新造艇の名前は?』のつづき)

315006.jpgお花見の時季は、ふだん海を行動範囲にしている方が、めったに入らない川や運河へ来るせいなのか、まあ飛ばす艇が多いこと。狭水路でプレーニングされると、引き波の反射波がいつまでも消えず、ずいぶん怖い思いをさせられたものです。

さて、最近不穏な様子なのが気になって、出るたび続けて観察している第一石油販売。汐見運河を西航し、鷗橋下から眺めてみると‥‥あっ!

315007.jpg
事務所に足場が掛かった‥‥。

桟橋、鋼管杭の撤去ときていたので、続くは陸上施設かな、と予想はしていたのですが、悪い方へ的中したようです。いよいよ、お別れが近いことが確定したと、覚悟せざるを得ませんでした。

315008.jpg
一週間経った4月7日、このときは西側、豊洲運河から十字流に向かい、第一石油販売を左手に見た形で到達。ユンボらしい黄色い重機の姿がクレーン越しに目に入り、工事中であることがうかがえます。東側へ回ってみましょう。

315009.jpg
すでに解体済みでした。
建物が失せたところで、初めて目に入った背後にある満開の桜が、妙に物悲しかったですねえ‥‥。

事務所の建屋がちゃんと"給油所建築"ぽかっただけに、独特の雰囲気を醸していて、それが運河の交差点に在って小型船舶相手にひっそりと商いをしていたのが、他に類を見ない「船のスタンド」として特異な景観をかたちづくっていた第一石油販売。

寂しい限りですが、これでまた一つ、舟航水路と密接に関わってきた水辺の物件が、姿を消してしまいました。お疲れさまでした‥‥。
撮影地点のMapion地図

315010.jpg
運河にクレーンを突き出した工場建屋、水面上に張り出した木造家屋など、さまざまな水辺の特異物件を見送ってきましたが、ここは都内で唯一無二ともいえるものだっただけに、衝撃も大きかったものでした。

同じく汐見運河、水鳥の社交場となっている朽ちかけた桟橋の上で、くつろぐ鵜さんを眺めて癒されるなど。桟橋上においしいものでも打ちあがっているのか、数羽のハトもうろうろしていました。


(令和6年3月31日・4月7日撮影)

(『3月31日の咲き具合』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 汐見運河平久運河第一石油販売