fc2ブログ

深谷水道を通って…2

(『深谷水道を通って…1』のつづき)

312096.jpg

312097.jpgスイングゲート右径間を通航中の2枚。「→出港」の文字、結構な厚みとボルト留めのディテールが見てとれますね。

そして扉体に大書きされた「通行止」表記! いうまでもなく閉鎖時の対策で、質感からシートを貼ったものと思われます。赤水門原理主義者としては、扉体を一面赤に塗った方が保安上いいのに‥‥と思ってしまいますが、塗装やメンテ時の手間とコストを考えると、難しいんでしょうなあ‥‥。

312098.jpg
通航後に振り返ってみると、外側には「→入港」の抜き文字が! ああ、かっこいい。当たり前といえばそうですが、意表を突かれました。ちゃんと右側通航を推奨しているのですね。

検索してヒットした、深谷漁港水門のことが載っている文書の一つ「入札公告(PDF)」の11ページ目に、「深谷漁港平面図(船越地区)」があるのを発見。寸法らしいものが赤字で記入されていたので、水門の寸法が少しでもわかるかしらと拡大してみたら‥‥。スイングゲート2径間合わせて、「17.24」(m)とだけ。むう。本水門の詳しいデータが載っているサイトや文献をご存じの方、ご教示下さい。
(スイングゲート径間を通ったときの動画はこちら

312099.jpg
マイタゲート径間も。何しろ陽が射さず暗くて、うまく撮れたのが本当に少ない‥‥。

扉体のスキンプレートに3本、ゴムフェンダーが備えられているのがスイングゲートと違いますね。こちらは径間ギリギリの船が通ることを想定しているのかしら。

312100.jpg
帰港時、漁港側から撮った分も掲げておきます。ああ、帰りはこちらを通ってもらえばよかったのに‥‥。寒さに耐えかねたのと、深谷水道通航後の興奮でて頭が回りませんでした。

操作室が漁港側の、一段低い場所に設けられているのが、スイングゲート径間との大きな違い。前回紹介したサイト、「深谷漁港水門」によると、有効幅10m、有効高6.3m、平成17年竣工とのこと。豊国工業さん、荒川ロックゲートも手掛けられておられるのですね。

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道を通って…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 英虞湾深谷漁港水門