fc2ブログ

深谷水道を通って…2

(『深谷水道を通って…1』のつづき)

312096.jpg

312097.jpgスイングゲート右径間を通航中の2枚。「→出港」の文字、結構な厚みとボルト留めのディテールが見てとれますね。

そして扉体に大書きされた「通行止」表記! いうまでもなく閉鎖時の対策で、質感からシートを貼ったものと思われます。赤水門原理主義者としては、扉体を一面赤に塗った方が保安上いいのに‥‥と思ってしまいますが、塗装やメンテ時の手間とコストを考えると、難しいんでしょうなあ‥‥。

312098.jpg
通航後に振り返ってみると、外側には「→入港」の抜き文字が! ああ、かっこいい。当たり前といえばそうですが、意表を突かれました。ちゃんと右側通航を推奨しているのですね。

検索してヒットした、深谷漁港水門のことが載っている文書の一つ「入札公告(PDF)」の11ページ目に、「深谷漁港平面図(船越地区)」があるのを発見。寸法らしいものが赤字で記入されていたので、水門の寸法が少しでもわかるかしらと拡大してみたら‥‥。スイングゲート2径間合わせて、「17.24」(m)とだけ。むう。本水門の詳しいデータが載っているサイトや文献をご存じの方、ご教示下さい。
(スイングゲート径間を通ったときの動画はこちら

312099.jpg
マイタゲート径間も。何しろ陽が射さず暗くて、うまく撮れたのが本当に少ない‥‥。

扉体のスキンプレートに3本、ゴムフェンダーが備えられているのがスイングゲートと違いますね。こちらは径間ギリギリの船が通ることを想定しているのかしら。

312100.jpg
帰港時、漁港側から撮った分も掲げておきます。ああ、帰りはこちらを通ってもらえばよかったのに‥‥。寒さに耐えかねたのと、深谷水道通航後の興奮でて頭が回りませんでした。

操作室が漁港側の、一段低い場所に設けられているのが、スイングゲート径間との大きな違い。前回紹介したサイト、「深谷漁港水門」によると、有効幅10m、有効高6.3m、平成17年竣工とのこと。豊国工業さん、荒川ロックゲートも手掛けられておられるのですね。

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道を通って…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 英虞湾深谷漁港水門

深谷水道を通って…1

(『鳥羽港を見下ろす宿で』のつづき)

312091.jpg開けて2月2日のメインイベントは、志摩半島の英虞湾奥と太平洋を結ぶ本邦では珍しい地峡運河、深谷水道(Mapion地図)を通航すること。

深谷水道、および国内地峡運河への興味については改めてお話しするとして‥‥。今回は船越浦の深谷漁港にある、長久マリンさんのご協力をいただいて、艇を出していただくことになりました。

312092.jpg
お店の前にある桟橋にもやわれた、「ALBION」が本日お世話になる艇。何分流れのある狭水路とて、このクラスの艇が適しているとのことで選んでいただきました。

宿で夜明けの空を眺めた際は、青空がのぞいて希望が持てそうだったお天気は、分厚い曇り空のまま‥‥(泣)。風も冷たく少々キビシイですが、念願の深谷水道訪問がかなったのですから、ここは丹田に力を入れて寒気に耐えつつ、張り切ってまいりましょう。

312093.jpg
長久マリンさんのお店を後に、深谷漁港最奥部を出港。チャーター艇の対応をしてくれるお店では、たまたま深谷水道に最も近いということで問い合わせたのですが、「釣りもせずに行って戻るだけ」という要望は初めてだったようで、最初はずいぶんと不審がらせてしまいました‥‥ご協力ありがとうございます。

さて、目的は深谷水道ながら、見どころはそれだけでなくもう一つ、出港早々の場所にあるのでした。実はこのあたりをGoogleマップ上で徘徊している際、偶然存在に気付いたものなのですが‥‥。

312094.jpg
艇が進んでゆく正面、コンクリートの防波堤のようなものが迫ってきました。防波堤にしては、開口部がずいぶん狭いですね。写真左端と、これからとおるであろう正面に二つ。さて、何でしょうか?

312095.jpg
→出港」の切り抜き文字と、操作室らしい小屋、夜間設備の照明、監視カメラ‥‥そう、防潮水門です! この2径間は、スイングゲートのようですね。

ウェブ上に情報が乏しいようで、あれこれと検索してもなかなかヒットせず、ようやく見つけたのがこれ。深谷漁港水門豊国工業株式会社)。これは2枚上の写真にある、左の径間に備えられたゲートでしょう。マイタゲート1径間、スイングゲート2径間の構成とみてよいようです。ともあれ、これで名称が分かりました。

水門付きの防潮堤は、このすぐ北の入江、風ヶ崎浦にもあります。ストリートビューでもよく見えなかったこれ、いわば船からしか観察できない水門設備。いや~、神社港のそれにつづいて、スイング・マイタゲート三昧の伊勢志摩といえそう。「深谷水道」を記事タイトルにしながら、しばらく水門のことについて続けさせていただくことになりそうです‥‥。
撮影地点のMapion地図

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道を通って…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 英虞湾深谷漁港水門

鳥羽港を見下ろす宿で

(『二見浦夫婦岩にて』のつづき)

312076.jpg今回のお宿は奮発して、鳥羽駅にほど近い「戸田家」さんにしました。鳥羽港の北端近く、佐田浜の船溜を前にした場所にあり、いかにも眺めがよさそうな立地。

到着してみると、ロビーから見える景色からしてすでに、桟橋にもやう遊覧船の船影が間近に迫る港情緒横溢の好環境。こりゃいいやと、ニヤつきながら部屋に上がってみたら‥‥。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 鳥羽港戸田家

コンデジ一本やりで20年

310001.jpg
すでに2月も末になりましたが‥‥、年末年始の休みは謎の高熱に苦しめられ、熱が下がってからも体調が復さず、2日の初詣以外はろくに外出もできなかったので、実のあることがほぼなしえない残念な休暇となってしまいました。

そこで部屋に引きこもりながらできることとして、ふと思いついたのが、水路上でのスナップに活躍した、歴代のコンパクトデジタルカメラたちを取り出して愛で、かつてを想ってしみじみしてみること。今は亡きDoblogでブログを始めて、今年で19年目となったこともあり、備忘録も兼ねそろそろ回顧のまねごとをしてみてもよかろうと考えたのです。

スマホ全盛の時代、画質的にもほぼ変わらないコンデジを何でまた‥‥と、笑われることを覚悟しつつ、よんどころないそのわけは以下に垂れ流させていただきます。またも長い与太話になりますが、お付き合いいただければ幸いです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

二見浦夫婦岩にて

(『伊勢神宮の印象』のつづき)

312071.jpg
前後しますが、勢田川河口を離れた後のお話です。伊勢といえば神宮と並んでの名所である、二見浦は夫婦岩へ向かうことにしました。

向かう道中、何より驚かされたことといえば、赤福」の看板が無限に続いていると思わせるほどの物量で、電柱という電柱に掲げられていたこと! 近鉄名古屋駅ですでに、赤福の大看板があって「ああ、伊勢の近くに来たんだなあ‥‥」と感慨を催したのですが、甘かったです(笑)。ここは赤福の圧倒的な勢力圏なのでした!

312072.jpg
夫婦岩のある場所は、長汀の続く二見浦の東端、首無山がその北端を岬として突き出した磯。岬麓の岩肌をめぐる道は、二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の境内なのです。

お榊が奉られた鳥居は、コンクリート製でいかにも頑丈そうですね。実際、北風が強まれば荒波がもろに打ち付けることから、社殿ほか建造物には堅牢さが求められるのだとか。左手、海側に並ぶカエルさんの塑像は、神様のお使いだそうで、奉納されたものも含め実にたくさん見られました。

312073.jpg
山肌迫るわずかな平地に建つ本殿に参拝後、建物の間を抜けると、夫婦岩が見えてきました。想像していたよりずっと小さく、箱庭の情景のように可愛らしい感じ。頂上に立てられた鳥居の小ささも、箱庭っぷりを強調しているようです。

まだ新しい注連縄が渡されていますが、波浪が直撃する磯とて、注連縄はたびたび吹っ飛ばされるので、そのたびに張り直されると伺いました。

312074.jpg
この日も最大5mほどでしたか、結構な北西風で、たびたび白波が砕け、しぶきが飛んでくるほど。沖合に見えた伊勢湾を下る本船も、風に船体を少し傾け、船首に白いしぶきを散らして航行していました。

312075.jpg帰路、桟道を歩いていたら、参拝客の足下を縫うようにチョコチョコ歩き回る、ハクセキレイと出会いました。愛らしい仕草に皆さん「可愛いね」「餌がほしいのかな」と嬉しそう。

私の足下にも、恐れる風もなく近づいてきたので、カメラを構えたらツ、ツーッと距離を取りだし、つれない様子。しばらく後を追いかける形で、動画を撮って遊んだものでした。
撮影地点のMapion地図

(令和6年2月1日撮影)

(『鳥羽港を見下ろす宿で』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 二見浦夫婦岩水辺の鳥たち