fc2ブログ

1月7日の水路風景…3

(『築地市場跡の陸閘たち』のつづき)

311046.jpg
陸閘たちを愛でた後は、大きく面舵を取って新月島川へ。片方の堰柱だけ補修されて色が変わり、通るたび、ちょっとかわいそうに思える浜前水門。両岸に高いビルが林立したこともあり、日陰になってしまうのは致し方のないところ。

311047.jpg
水門をくぐって左手、何度かお世話になった本橋発動機(勝鬨マリーナ)さんをふと見ると‥‥。えっ、桜が咲いてる! いや、梅かな? 何分1月もまだ初め、さすがにびっくりさせられました。

311048.jpg
朝潮運河、晴月橋をくぐりざま仰いで。まだ真新しい感じのするきれいな塗装で、「最高潮面上高さ2m」‥‥ああ、いいなあ。

通航艇に向けたメッセージの中でも多く、しかもバラエティに富んでいるのが橋の桁下高表記ですが、書体のせいか、これはほんわかと優しい感じ。この数字からA.P.に換算すると、桁下高はA.P.+4.1mになるのでしょうか。

311049.jpg
豊洲運河と東雲運河の交わるテラスの角、鵜さんが風に向かって、わさわさと得意気に羽を広げていました。しかし、今年の冬は水鳥が少ないなあ。私が通ったときだけで、今は例年どおり、たくさんの鳥たちが川や運河に群れているといいのですが。

311050.jpg東雲運河での恒例、艇の健康維持も兼ねてのトライアルでは、デッドフルで50.7km/h、27.38ktを発揮。まことに快調、1ヶ月ぶりの徘徊としては、まずまず満足できる結果とニンマリ。

帰港後はスクラビスで船底掃除をしたので、次回出港時もコンスタントにこのレベルが出せればいいですねえ‥‥。あとは「フジツボの当たり年」にならないことを祈るばかり。

(令和6年1月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河豊洲運河水辺の鳥たち浜前水門

築地市場跡の陸閘たち

(『1月7日の水路風景…2』のつづき)

311036.jpg
昨年「10月22日の水路風景…4」で、今さらながら気づいた築地市場跡の堤防に残る陸閘群を、一つづつスナップしてみました。

ただ並べただけで恐縮ですが、これだけの陸閘が一堂に会した(といういい方もおかしいですが!)河畔はそうそうないようですし、番号が振ってあるのにも魅力を覚えたことから、撤去や塗り込めの憂き目にあう前に、記録しておこうと思ったのです。お目汚しまで。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川陸閘

1月7日の水路風景…2

(『1月7日の水路風景…1』のつづき)

311031.jpg港内を流した後は隅田川河口を横断、汐留川水門をくぐって、浜離宮前内水面へ進入。

堤防前はテラス化が進み、周囲には高層ビルがにょきにょき建ち‥‥と、変化の激しい隅田川の中で、浜離宮前は昔と変わらぬ硬質な風景を見せてくれる場所。生地のままのコンクリート堤防に、それを乗り越す排水機場のぶっといパイプ。このハードな雰囲気、今となっては貴重な川景色に思えてきます。

311032.jpg
で、ここに入ったら、築地川をのぞいて様子を見るのがルーチン。‥‥ああ、船着場の少し奥で、フェンスで閉塞されている状態に変化なし。

浜離宮をはさんだ汐留川と築地川って、自由通航を身上とする都内可航河川の中では、珍しい通航禁止区間。かつて不法繋留が多かったこともあり、それを警戒しての処置とは思いますが、マナーも向上したことだし、暗岩や浅瀬もなく危険の少ない築地川はそろそろ開放してもいいのではと愚考するのですが、いかがでしょう。また南門橋を堪能したいなあ‥‥。

さて、以下は先にこちらの動画をご覧になってから読み進めてください。

いつものとおり、築地川水門を通って隅田川に出るわけですが、見通しの悪い水門ゆえ通航時の長声吹鳴は必須。径間の向こうに見える上航・直進している水上バスは「竜馬」。自艇の吹鳴が終わった瞬間、左手から汽笛が! (動画では終盤、かすかに聞こえる程度ですが)‥‥さあ大変、下航船が水門へ進入してくるんだ!

311033.jpg
カメラはONのまま台上に放置して、直ちに増速し水門を出、面舵を大きく切りながら下流方向へ離脱。十分距離が取れたところで目を向けると、左舷を見せて水門に向かっていたのは、観光汽船の「道灌」でした。

ホーッと息をついたところで、頭を下げつつ手を振って、伝わったかどうかは怪しいもののお詫び。ドキッとしましたが、異常接近にはならず何よりでありました。

311034.jpg
下流側へ大回りしながら艇を立て直し、上流へ船首を向けたところでもう一枚。「道灌」はふたたび長声を鳴らしながら、巧みな舵さばきで奥へ消えてゆきました。

いや~‥‥。見通しの悪い場所、しかも定期航路もあり輻輳する区間での長声吹鳴、安全確保には欠かせないことが、改めて身に沁みた次第。皆様もゆめご油断召されぬよう。

311035.jpg
水門を抜ける際に上航していった、「竜馬」の航跡をなぞりつつクールダウン。定期便で賑わう都大路、やはり気は抜けないなあと、改めて肝に銘じたやつがれであります。

あれ、カメラが傾いているのか、橋が傾いているのか‥‥? 築地大橋を前にして撮ると、どうも水平感覚がおかしくなりがちで、いけませんね‥‥。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『築地市場跡の陸閘たち』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 隅田川築地川汐留川水門築地川水門水上バス

1月7日の水路風景…1

(『1月7日のフネブネ…4』のつづき)

311026.jpg
1月7日に目にした道々の風景を落穂拾い的に。
豊洲貯木場跡の南東水路を久しぶりに通って、晴海に出ることにしました。こちら側から西を見ると、コンクリート柵越しにビル街が望めて、お天気に恵まれればなかなか爽快なものです。

311027.jpg
おなじみの光景ながら、佳きものであります。(動画はこちら)‥‥しかし、今年は水鳥の姿が少ないですね。冬になると、船の入ってこないここは、水鳥の楽園といってもよい状態になるのですが。何か異変があったのかな?

311028.jpg
旧都港湾局専用線・晴海橋梁をくぐって、振り返ったところ(動画はこちら)。人道橋化工事はなおも続いているようで、径間のほとんどが養生されていますね。

311029.jpgそのまま春海運河を下ると、いやでも目に入ってしまうのは旧晴海ターミナルの解体現場。

すっかり片付いて、重機の数も少なくなり、水上から見たかぎりでは山積みされていたガレキも失せ、フラットになりました。南西角にある晴海信号所の孤立感がいや増して、もの悲しさが漂います。向こうのビル街がすっかり見通せるようになった様子に、「こんなに広かったんだなあ」と改めてしみじみ‥‥。

311030.jpg
角を過ぎて北西方に変針したところで、胸を締め付けられた‥‥というと大げさになりますが、とにかくキュンときたのがこれ。ステンレス製らしい立方体がポールの間でクルクル回る、オブジェ群がまだ撤去されず残されていたのです。

背後には壁面の一部も残置されていたのがさらに寂しさを誘い、この下で羽繕いをするカモメたちを愛でながら、港の風景をよく眺めていたことが想い出されました。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 春海運河東京港

1月7日のフネブネ…4

(『1月7日のフネブネ…3』のつづき)

311021.jpg

311022.jpg有明西運河を通過中、気象庁の観測船、「凌風丸」と「啓風丸」が並んでもやっているのを横目で見ながら、ハッ! と気づいて振り返りました。この2隻もそういえばマックだ! しかも「銀河丸」よりさらにゴツい! ああ、マックの名が復活されることを願ってしまう‥‥。

辰巳埠頭を東航しながら、いいサイズ感の本船たちを眺めるのは楽しいもの。伊豆七島海運「新生丸」、クルマをハッチ上に載せてるの、離島通いらしくていいですよねえ。

311023.jpg
さて、毎度おなじみ墨田川造船辰巳ですが‥‥おや、「はやなみ」一隻になったのはいいのですが、12月3日とくらべ変化が全くなく、船首フェンダーのカバーもそのままです。ずいぶん時間をかけているのですね。

311024.jpg
なんとなく気になって、放水銃周りをアップにしてみました。「かがゆき」型巡視艇は、船首に多銃身機銃が備えられているのが普通だそうで、放水銃装備は珍しいとのこと。就役後の任務が漁船取締りだとすれば、機銃よりこちらの方が適しているのでしょう。

311025.jpg
以前はちょいちょい定点観察していた、辰巳埠頭東端、曙運河南口角の廃曳船を久しぶりに。平成30年7月以来だったかな? 間違っていたらごめんなさい。

強度のないところから錆び崩れて、だんだんとディテールが乏しくなってゆくさま‥‥。もの悲しくはあるものの、容易に消え去ることのない、鋼船の粘り強さみたいなものも感じさせて、興味深くはあります。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 有明西運河墨田川造船巡視艇