fc2ブログ

千葉港へ向かう…1

308001.jpg
ホンモノのGoogleマップで都川を表示

千葉港に注ぐ都川に、以前から行ってみたいと思っていました。Wikipedia「都川」によると、流路延長15.7kmの二級河川で、平安時代、千葉氏の開発により瀬替えが行われるなど、古くから人の手が入ってきた川だそうですが、河川徘徊者として魅力を覚えたのはもちろん、ここが可航河川であったからです。

何分流路自体が短いということもあり、可航区間はそう長いとも思えなかったものの、こうしてGoogleで見たかぎりでは、京成千葉線橋梁の下流側まで繋留船が認められたため、少なくともここまでは行けるだろう、と推定できたことが第一。

第二に、千葉県庁や千葉中央駅のある、県都の都心部を貫く街場の川であること、千葉県葭川排水機場の、治水施設としては破格とも思える豪気な(!)建物が河畔にそびえたっていることなど、周囲にも惹かれる点がいくつかあったのです。船橋の海老川が予想以上に楽しめたこともあって、「千葉の都市河川は面白い」という好印象を持っていたことも手伝っているでしょう。

308002.jpg
‥‥と、何やらテンションの高い前置きになりましたが、3日朝、出港準備をしていた時点では、まだ千葉港へ向かおうと決めたわけではありませんでした。風も穏やかな初冬らしい好天、湾奥を"渡海"するには適した海象ながら、ちょっと迷っていました。燃料の残が微妙だった上、燃料桟橋が開く前で、補給ができなかったからです。

朝の気温もぐっと低まったとあって、母港のポンドに水鳥がいっぱいな風景を想像していたら、出発前に出会えたのは何と、ご覧のキンクロ君一羽のみ。まだ本格的な渡りには、少し時間がかかるようですね。

308003.jpg
まあいいや、沖に出てから考えよう‥‥と、アバウト極まりない状態のまま出港。荒川河口の橋梁群をくぐってから振り返って。京葉線の鉄橋、中央径間に足場が掛かりましたね。塗装もだいぶ傷んでいたようなので、何よりでした(通航時の動画はこちらをどうぞ)。

朝のうちは北西、昼近くから南東の微風とあって、沖へ出ても海面は穏やかです。千葉港を目指すなら、若洲の南端から東航して、直線距離はおおむね25km弱といったところ。寄り道をしなければ往復約50km、さーて、どうしましょうか‥‥。

308004.jpg

308005.jpg若洲の南端を過ぎ、ゲートブリッジが見えるところまで到達。晴れているし、富士山が拝めるだろうと西に目をやると、残念ながら霞でぼんやり。でも、富士山がはっきり見えないということは、ここしばらく風は強まらないということでもあります。

これで決まりました。よし、行ってみよう! 片道約1時間、残から考えて、巡航速度で3時間分はあるし、寄り道しなければ大丈夫と腹をくくりました。久しぶりの千葉県行きです。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(『千葉港へ向かう…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 荒川東京ゲートブリッジ水辺の鳥たち