fc2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和5年10~12月のご案内

35_0013.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は四年前より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。
当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、平成20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、平成21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。
ツイッターアカウント「水路さん(@suiro_kun)」で、水路のことに限らずさまざまなよしなしごとを垂れ流しております。よろしければどうぞ。

【タイトル画像ほかの更新履歴】
【12月30日】お陰様をもちまして、本年も事故などなく水路徘徊と水辺探訪を楽しむことができました。ブログをご覧くださった皆様、ウェブ上をはじめ各メディアでお世話になった皆様に、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。皆様がよいお年を迎えられますよう、お祈りいたしております。
【12月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。中川、上平井水門です。令和5年7月16日撮影。
【11月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。曙運河、スカイツリーと正対して北上する豆曳船です。令和5年9月18日撮影。
【10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。大阪市北区、淀川畔に保存された旧毛馬第一閘門です。令和5年9月30日撮影。

12月3日のフネブネ…2

(『12月3日のフネブネ…1』のつづき)

308061.jpg
辰巳埠頭の本船たちを眺めながら、気持ちよく東航。どれもおなじみの顔ぶれですが、この日は離島航路の雄「あおがしま丸」の姿をスナップしました。光線の塩梅もよく、深みのある塗色が映えて素敵ですね。

つい先日、「伊豆諸島開発『あおがしま丸』での『冬の東京湾半日船の旅』ツアー、12/24に運航へ 操舵室見学も」(Funeco)と題したツアーがあり、京浜運河も通る魅力的なコースだったとのことで、数人の方が乗船記をアップされていました。このツアー、過去にも開催されて好評だったそうで、普段乗れない本船を体験できる絶好の機会ですから、ファンには見逃せないでしょう。

308062.jpg
東端近く、恒例の墨田川造船辰巳にご挨拶。もやっている船は2隻、常連さんの「まつなみ」と、手前のPC130は以前から艤装中の「はやなみ」のはずですが、フェンダーにカバーがかかっていて、船名が見えません。

308063.jpg
「はやなみ」をほぼ側面から。前回9月とくらべて、喫水も少し深く安定し、細かい艤装品も備えられ、すっきりと整理された感じに。船首甲板の支塔、機銃でなく放水銃のそれだったのですね。カバーがかかっているのは、これから引渡式か何か、式典のためと思えたのですがいかがでしょう。

308064.jpg

308065.jpgおなじみの「まつなみ」、すでに入渠作業は終わったようで、船底塗料も鮮やか。もう竣工から30年近くになるベテランですが、迎賓艇も兼ねている任務柄か、まめに整備されていますね。

右は曙運河、湾岸道路の曙橋ほか、橋梁が密集する湾奥運河独特の光景。ふと仰いだら、手前の水管橋トラスがアクセントとなり、その奥もガーダーが連続して写り、なかなかイケる橋の裏側風景に。通い慣れた水路の別の一面を発見できて、トクした気分でした。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 巡視艇墨田川造船曙運河

12月3日のフネブネ…1

(『都川を訪ねたものの…5』のつづき)

308056.jpg千葉港を後に、逆針路を取って一路母港へ。何分結果が結果だけにもの足りない感じはしましたが、初訪河川と港を体験できたことは、何物にも代えがたい充実感がありました。

これで燃料に余裕があれば、この北にある浜野川や村田川を探索して留飲を下げることもできたのでしょうが、なにしろ手元不如意ですから、大事を取って最短距離で帰港するのが最善策です。


308057.jpg
帰路も幸い、穏やかな海況は変わらず、快適にプレーニングすることができました。道々に目にした船影を以下にまとめます。

もうゲートブリッジも間近に見えてきたころ、泊地に投錨する本船の中で、塗色からひときわ目立ったものが2隻。うちひとつが、海技教育機構の練習船「青雲丸」。白い船体に、黄色く塗り上げられた煙突、遠方からも認識しやすい塗色ですよね。煙突は後檣を兼ねているので、マック(マストとスタックを合わせた造語)と呼んでもよさそうです。

308058.jpg
暖色系の塗色でひときわ目立つのが、近海郵船のRoRo船‥‥たぶん「しゅり」かな? 近海郵船の船隊は、塗装もデザインも揃えているので、遠くからでは見分けづらいですね。

308059.jpg
こちらは中防東岸に接して碇泊していた、杭打船でしょうか。船名はわかりませんでしたが、揚錨船を右舷にもやっています。また中防の拡張工事が始まるのかもしれません。

308060.jpg
こちらは辰巳運河南口もほど近い建材埠頭、晴海小野田レミコンのバースに憩うガット船「益福丸」。空荷で喫水がぐっと上がったことで、丸々と肥えた船型が強調され、可愛らしささえ感じられるものが。ブルーの塗装もきれいですね。

小型の本船、というだけである種の味があるものですが、ガット船は湾内でよく見かけるだけに、加えて親しみを感じさせますよね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(『12月3日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 千葉港東京港

都川を訪ねたものの…5

(『都川を訪ねたものの…4』のつづき)

308051.jpg
さて、謎のワイヤー群に心を奪われつつも、正面に立ちはだかる大橋の低さが気になっていました。改めて舵を当て、正面から向き合ってみると‥‥。

こ、これは低い‥‥もしかして‥‥。

308052.jpg
ぐぬぬ‥‥ダメだ。

距離を取っていたときは、向こうの水面や繋留艇が見えたので、まあキツそうだけれどイケるだろうと踏んでいたのですが、明らかにフロントグラスをかわす高さがなく、通航を断念!

ちなみにルーバー状に見えたのは、細い鋼管を並べた装飾で、桁に架設した水管を隠すためのものらしいことが判明。ところどころ欠けているのは、デザインでなく通航艇がぶつけて、落としてしまったように思えました。この低さなら、無理もありません。鋼管が落ちたところから桁の下端が見えますが、装飾より桁下は、わずかながらさらに低いのです。

308053.jpg
未練がましくバウを突っ込んでみたものの、凶悪な低さを実感しただけに終わりました‥‥。先ほどくぐった寒川大橋がA.P.+3.3mとして、この大橋はA.P.+2m台なのは明らか。茂森橋より低いんじゃないかキミと、心の中で八つ当たりしたほど(実際にはそれほどでもないでしょう)。

検索してみると、この上流で釣船を営業されている方もおられるようで、出入りの時間帯が限られるとなれば、ご苦労も絶えないでしょう。ちなみに写真のタイムスタンプは10:03、晴海の推算潮位は10:00時点でA.P.+1.56m。私の艇であと0.4~0.5mは欲しいところでしたから、この日の日中、通航は難しかったと思われます。

Googleストリートビューで見ると、大橋の親柱に「平成九年三月竣工」の文字が見えました。新しい橋なのに、繋留船艇への配慮が薄いのはちょっとなあ‥‥と、首をかしげるところではあります。

308054.jpg

308055.jpgというわけで、わざわざ湾奥を横断して訪ねた未踏破河川・都川の探索は、河口から数えてわずか490mで敗退とあいなりました。水深からしても、大干潮時の攻略はできなそうだし、難しいところではありますね。

くやしい結果ではありましたが、逆光に沈む川景色や、千葉港のクレーン群を愛でつつ、初訪の地を後にしたのでありました。

(令和5年12月3日撮影)

(『12月3日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 都川千葉港

都川を訪ねたものの…4

(『都川を訪ねたものの…3』のつづき)

308046.jpg
河口の水管橋から数えれば、第4橋となる県道20号線・大橋が近づいてきました。この距離からだと、桁側面がルーバー状になっているように見えるデザインですね。だいぶ低いようですが、くぐれるかな‥‥。

水深は次第に浅くなってきた記憶があるのですが、魚探の感を撮り忘れたのは、橋の手前に、何かロープらしいものが張り渡されているのが見えたため。橋より、こっちがくぐれるかどうか確かめるのが先と、警戒態勢に入ったのでした。

308047.jpg
近づいてみて、まあ、驚きました。
‥‥コレ、何だろう?

水面上の低い位置に、対岸に渡されているロープが2本づつ、桟橋の上下流に間隔をあけて計4本。そこからもやいなのか何なのか、何本ものロープが交錯して、一見しただけではわけが分かりませんでした。

14年前、浦安の境川で河上に渡された謎のロープを見たことがありますが、あれはたったの1本でしたから、放つオーラ(?)が段違いです。

308048.jpg
低さに首をすくめながら、近づいてよく観察してみると、両岸に渡されたロープの一組には滑車が下がっており、そこから伸びたロープが、桟橋にもやわれたセンターコンソールの艇尾と、桟橋に枝分かれして結ばれていることが判明。

一瞬、岡田式渡船(過去ログ『岡田式渡船』参照)みたいだな、と感じたものの、何よりここは船を渡すだけの流速はないですし、もやいが結ばれた艇もエンジンがついているので、可能性は薄そう。艇の上下流に二組渡された、ロープの説明もつきません。う~ん、何だろうこれ?

308049.jpg前後のもやいを渡されたロープの滑車につながれた艇は、手入れもされていて現役なのは明らか。桟橋上に置かれたもろもろも、人が頻繁に訪れていることを示しています。

滑車から別れたロープが曳索だとすれば、対岸から引っ張り無人の艇を引き寄せる、という用途が想像できるものの、すぐそばに橋があるのですから、そんな面倒をする必要はないわけで‥‥う~ん、何だろう?

308050.jpg
2本づつ組になったロープにそれぞれ、滑車が下がっていたので、少なくとも二組の艇がもやえることはまあ、理解できたものの‥‥。上の写真のように、河道中央あたりで結束バンドで締められているのを見て、滑車は両岸を行き来できないことがわかり‥‥と、眺めるほどに謎が深まるばかり。

渡船の一種かしらと検索しても、今のところめぼしいヒットはなし。こうしてアップしておき、ご覧になった方からの情報を待つ以外方法はなさそうですなあ。乞うご教示。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(『都川を訪ねたものの…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 都川